スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカル列車でスロートラベルの旅を楽しむの巻~長良川鉄道~

行楽の秋です。
車窓の景色を楽しみながらの列車の旅はいかがでしょう。

赤い車両

日本三大清流 長良川沿いをトコトコ走るローカル列車「長良川鉄道」

郡上八幡駅は、

郡上八幡駅

昭和レトロな駅舎がステキです。

レトロな駅舎

今年2016年4月からは、観光列車「ながら」が運行をスタート。

ながら 歓迎幕

JR九州の豪華列車「ななつ星」をはじめ数々の名車両を手掛ける
水戸岡鋭治氏のデザインが話題になっています。
http://www.nagatetsu.co.jp/enjoy/SpecialTrainNagara.html

ロケーションを楽しむビュープランのほか
ランチやスイーツプランも(^◇^)
次回は、ランチプランで乗ってみたいな~(^^♪
スポンサーサイト

経済波及効果はなんと100億円!「たま駅長」は「たま大明神」に~☆

お盆なので、6月に亡くなったネコのたま駅長を偲んで・・・

2007年に貴志駅(和歌山県貴志川町)駅長に就任以来、
その人気はうなぎ上りで、就任1年目でなんと11億円
計約100億円の経済波及効果があったと言われます。
2010年夏には、猫をモチーフにした「たま駅舎」も誕生。

たま駅舎

たま駅 構内

駅長室は、閉鎖された出札窓口跡を利用。
(扉を開けると、ガラス越しにたま駅長に会えました)

たま駅長のお部屋

オシャレな駅舎は
超豪華列車「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治さんが手がけたのだとか。

2年半前に訪れた時は、
高齢のためか眠っている後ろ姿しか拝めなかったので

たま駅長 後ろ姿

イラスト版のたま駅長と記念撮影したのを思い出します。

たま駅長

8月11日には、貴志駅ホームにたま駅長をまつる
「たま神社」の除幕式が行われ、招き猫姿のたま駅長の銅像を設置。
「たま大明神」となり今後も貴志川線を見守ってくれることでしょう

いよいよ来週土曜日開業!北陸新幹線☆金沢駅は魅力満載☆

北陸新幹線が、いよいよ来週土曜日3月14日、金沢まで開業します!

ひと足早く取材で訪れたJR金沢・新幹線駅をご紹介しましょう!

まずは、ホームから☆
さすが金箔の街☆金沢(金箔の国内シェア99%を誇ります)
2つのホームには30本ずつ、計60本の柱全てに
金箔パネルがあしらわれています。

金沢新幹線ホーム 人入り

JR金沢駅新幹線ホーム 金箔

ちなみに、約11cm角の金箔が2万枚以上使用されています☆

1階改札内の柱にもご注目!
ガラスに挟み込まれたのは、特殊な技法で立体的にすいた和紙

立体的に空いた和紙

裏側からLED照明によって照らされます。


中2階は、通路壁面に、
加賀友禅と二俣和紙がガラスに挟み込まれて設置。
右側の友禅はアケビを通じて四季の移ろいが
左側の友禅には兼六園の花鳥風月が描かれています。

中二階通路壁面

中2階とホームの待合室の壁は、能登ヒバで仕上げられ
直径13cmの丸穴があり

待合室 壁

石川県内各種の伝統的工芸品が展示。
その数236点!
待合室 壁 丸穴 その1待合室 壁 丸穴 その2

一つ一つを見て回るのも楽しいですよ☆

北陸新幹線開業で盛り上がり、おもてなし度も上昇中!
加賀百万石の城下町の金沢の魅力は次回レポートします(^_-)

「『サロンカーなにわ』に乗る瀬戸内スイーツトレインの旅」レポート

先日、「『サロンカーなにわ』に乗る瀬戸内スイーツトレイン」
(旅行企画・実施/近畿日本ツーリスト)のツアーに参加してきました。

salon car naniwa (2)

行程を紹介すると・・・
お昼過ぎに尾道を出発し、呉まで約2時間10分かけてゆっくりと走行。
その間は、車窓からの眺めを楽しみながら、
地元グルメ&スイーツを味わい、夜は波止場でビュッフェパーティー
ホテルに泊まり、くつろいで
翌日は、思い思いに観光を楽しむという、
自由時間もたっぷりある充実プランです。

salon car naniwa gaikan

お召列車(天皇・皇后・皇太后がお使いになるため、特別に運行される列車)にも
しばしば使用される
JR西日本の観光列車「サロンカーなにわ」は、全席グリーン車。
シートはロケーションが楽しめるように、好きな角度に回せます。

salon car naniwa green

そして、両端の車両には、しゃれたサロンスペースの展望室

salon car naniwa

優雅な気分に~(*^_^*)

昼食は、えび粉の入った具沢山の目にも美味しい「尾道いなり」。

tokusei bentou

そして、今回の旅のテーマでもあるご当地スイーツは、
広島銘菓「もみじまんじゅう」、八朔が丸ごと入った因島の「はっさくゼリー」、
三原・八天堂「ひろしま檸檬パン」など7種類。

hiroshima sweet

パッケージも個性的で、ティータイムを彩り、おしゃべりが弾みます。

salon car naniwa ②

三原からの呉線は、
海岸線をなぞるように走り、穏やかな海と多島美を堪能。
広島独特の牡蠣いかだの風景も。

setonaikai.jpg

乗りテツコとして、とても嬉しい
「サロンカーなにわ」の記念乗車証も頂きました(^_^)v

kinen jyousyasyo

呉に到着後は、大和ミュージアム(入場券付き)を見学したり、市内を散策。

yamato museum

夕刻、大和波止場で始まったビュッフェパーティーでは、
JR西日本広島支社のジャズビッグバンド「スイングハード」の軽快な演奏をBGMに、

swing hard party

人気の地ビール「海軍さんの麦酒」や

kaigun-san no beer

makizusi.jpgparty ryouri

「広島菜と音戸ちりめんの巻寿司」などなど、ご当地グルメを味わい尽くしました。

終日自由行動の翌日は、街をそぞろ歩き。
ツアーでありながら、自由時間がたっぷりあるのは、嬉しい限り(^◇^)
多彩に楽しめる充実ツアー、次回の企画が楽しみです☆

今夏おすすめ「天草の旅」~大人の観光列車「A列車で行こう」編~

先日、天草(熊本県)に行ってきました☆彡
JR九州の観光特急列車「A列車で行こう」で上質な大人の時間を過ごし、
乗り継いだ定期船「天草宝島ライン」の優雅なクルージングで到着。
天草では、野生のイルカに会える「イルカウォッチング」でいやされる
今夏オススメの“A級の旅”です。

まずは、JR九州の大人の観光列車「A列車で行こうからご紹介します。

A列車で行こう

実はワタクシ、列車の旅が大好きな“乗り鉄子”です。
JR西日本が大阪駅~札幌駅間で運行している
臨時寝台特急列車「トワイライトエクスプレス」や
海外では、イタリアでオリエント急行、カナダ東部をVIA鉄道で旅したこともあります。

それぞれに個性がありますが、
JR九州の列車は、外観も内装もオシャレ☆以前からファンです。
そのデザインを一手に手掛けているのが、デザイナーの水戸岡鋭治さん
昨年10月から走り始めた「A列車で行こう」も、水戸岡さんのデザインです。
ちなみに、列車名のA列車
「天草」の“A”「アダルト」の“A”からネーミング

大人の旅をナビゲートする観光列車です。

車体は黒に金をあしらい、高級感を演出。
「在来の特急車両を約1億円かけて改修した」という車内は、
をふんだんに使い、ステンドグラスが飾られ、

A列車 車内

座席シートには天草地方に伝わる染め物「天草更紗」をモチーフにした図柄を使用。

A列車で行こう 車内

シックで洒落ています。窓も大きい
 
ちびっ子用のかわいい座席もあります。やさしい心遣いが感じられます。

こども席

「A-TRAIN BAR」と名付けられたバーカウンターがあるのも、
大人の列車ならではの魅力です。

A列車バーカウンター

ビール、ワイン、ウイスキー、焼酎などアルコールメニューとともに
「馬さしの燻製スライス」などのおつまみや

馬刺し燻製

ドーナツや、ゼリー、アイスクリームもあります。

車内販売

オススメは、熊本名産デコポン果汁入りの「Aハイボール」。

Aハイボール

爽やかな口当たりで、ほろ酔い気分。
車内に流れるジャズの名曲「A列車で行こう」を聴きながら約2時間半、
“大人の旅”を満喫です。
パネルを持って、記念写真も撮れます。

記念写真パネル

A列車で行こう」は、通常、熊本~三角間を結ぶ観光特急で、
土日、祝日、夏休みなどに合せて運行。期日限定で博多駅からも運転します。
 ▽博多駅からの運転日 7月21・22、8月25・26、9月22・23日
 ▽問い合わせ JR九州予約センター☎050・3786・3489

今回は博多から乗ったので、約2時間半、「A列車で行こう」を楽しめました。

終着駅の三角(みすみ)駅

JR三角駅

「駅舎が新しくてオシャレ」と思ったら、「A列車で行こう」の運行開始に合わせて、
水戸岡さんが南蛮風にデザインしリニューアルされたものでした。

そこから徒歩2分の三角港から、定期船「天草宝島ライン」で、天草市の本渡港へ。
次回は、その爽快クルーズと、
癒し効果抜群の「イルカウォッチング」をレポートします!

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。