2500基の行灯が京の夜の街並みを彩る「東山花灯路」今日6日からスタート!

早春の京都の風物詩「東山花灯路」が今日6日から始まります☆

東山花灯籠

北は青蓮院から南は清水寺まで約5㎞の道のりが
約2500基の行灯の灯りで包まれます☆

行灯

ちなみに、行灯の灯りはLED電球を使用。
あたたかみのあるエコな灯りです☆

八坂神社も、西楼門のライトアップに加えて
境内に108の灯りが灯ります☆

八坂神社

幻想的で雅やかな京都ならではの世界が堪能できますよ\(^o^)/

詳しくは→http://www.hanatouro.jp/higashiyama/

スポンサーサイト

鉄道運転士の夢を叶えてくれる「有田川町鉄道交流館」~和歌山県有田郡~

2010年公開の映画で、中井貴一扮する主人公が
49歳にして、電車の運転士になるという子供の頃からの夢を果たした
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が
(錦織良成監督の島根3部作の一つです) ありましたが・・・

鉄道マニアならずとも、
「電車を運転してみたい!」・・・と思ったことありませんか?

そんな夢を叶えてくれるスポットが和歌山県にあります。
有田川鉄道公園内の「有田川町鉄道交流館」です。


公園入口では、蒸気機関車のD51が迎えてくれます。

D51

芝生広場の先に、鉄道交流館があり、

kouryukan.jpg

館内では、有田川町の風景を再現した鉄道模型のパノラマ展示され
ミニチュアの電車が走っています。
実際に運転操作もできます。

giorama.jpg

交流館前は、プラットホームをイメージしたウッドデッキになっていて
有田鉄道を実際に走っていた往年の車両「キハ58003」が。

aritagawa tetudo

運転体験できるのが、この車両で、約400㍍の線路上を走行します!

これまで、運転シュミレーションを体験したことはありますが
実際に運転するのは初めてです(*^_^*)
指導員の方の指導を受けながら、
運転手引書を見て、運転台の装置を確認し・・・
いざ、チャレンジ!

aitagawa unten

運転席から見える線路は、こんな感じ。

aritagawa senro

運転中は真剣そのものです☆

aritagawa unntenchu

動き始めも感動ですが
思い通りの位置に停車できるかどうか・・・
テンションが上がります。

運転体験の後は
記念証明書と免許書がもらえます(^_^)v

unten syomeisyo

運転体験に関する問い合わせは
有田川町役場 商工観光課 ☎0737・52・2111へ。

有田川鉄道公園 〒643-0801 和歌山県有田郡有田川町大字徳田124番地1 ☎0737-52-8710

蚊取り線香発祥の地で「天然の蚊取り線香作り」を体験!~和歌山県有田市~

すっかり涼しくなり、過ごしやすい秋到来と思いきや
今だに、デング熱感染のニュースが聞かれます。
まだまだ、気をつけなくては・・・
で、見直されているのが「蚊取り線香」。
虫除けに強力な効果を発揮するピレスロイドという成分が配合
しかも煙が出る分、効果が高く「最強の蚊よけ」なのです。
その蚊取り線香を、今夏作ってきました。

天然の蚊取先行製造体験を行っているのは
「除虫菊・蚊取り線香発祥の地」和歌山県有田市の
石井除虫菊工業所です。

katorisenkou setumei

ちょっとここで豆知識を!
蚊取り線香といえば、緑色のものだと思い込んでいませんか?
殺虫成分として化学合成品を使うと緑色になり、
天然の除虫菊を成分として使用すると、この写真のように茶色になるのです。

katorisennkou.jpg

石井除虫菊工業所は、純国産の除虫菊を栽培し
「蚊取り線香の発祥地として、観光資源に活用していければ」と
安心で安全な蚊取り線香の手作り体験を行っているのです。

満開の除虫菊の花を摘み取り、天日でよく乾燥させて、細かく粉砕した茶色の粉に、
細かく粉にしたタブ(クスノキの仲間)の木の樹皮や葉などを混ぜて
水で練り合わせ、粘土のようになったものを・・・

katorisennkou 1

作業版の型に入れ込み、板状にのばします。

katorisennkou korokoro

それを線香の型で打ち抜けば・・・

katorisennkou dokidoki

渦巻き型の蚊取り線香の出来上がり!

katorisennkou dekiagari

ハート形や星形などの型抜きで
好きな形に作るのも楽しい!

katorisennkou iiroiro

十分に乾燥させた後、自宅に発送してもらえます。
送られてきた蚊取り線香に火をつけると、草木の自然な香りが漂いました。
自分で作った(型に合わせてコロコロ伸ばしただけですけど)と思うと、
何だか格別な香りです。

製造体験は通年行われています。
問い合わせは石井除虫菊工業所 (☎0737・83・3201)へ。

出会いは旅の醍醐味~京都で運命的な再会編~

旅をしていると、さまざまな出会いに恵まれます。

そして、縁のある人とは
旅の後もいいお付き合いが続くのが、嬉しいものです♫

先日もステキな出会いがありました。(正確にいうと再会)
彼女とは、京都を訪れた時には必ず立ち寄るサロンのクリスマスパーティで出会いました。
着物がよく似合う和風美人の彼女は
京都在住のアナウンサーで僧侶の川村妙慶さん(写真左)です。

翔のXmasparty2014 - コピー

講演で全国を飛び回り、著書は20冊以上(今も執筆中)。
HPの日替わり法話は、文字通り毎日更新。
わかりやすく、共感できる内容で
まさに妙慶さんが語りかけてくるよう。
毎日6万件のアクセスがあり、寄せられるメールは100件以上。
お悩みにきちんと返事を書くという誠実さがステキです。

実は、パーティではあまりお話はできなかったのですが
やさしいオーラに輝く彼女には
「また会いたいな~」と思っていました。

先日、京都を訪れサロンを訪れた時、その思いが叶いました。
彼女も私も、予定を変更して訪れたサロンで偶然の再会でした。
いえ、この世に偶然はなく、すべて必然といいますね。
会うのは2回目にもかかわらず、お喋りが弾むうちに
誕生日(10月24日)が同じだということがわかり、さらに意気投合!
何だか、不思議な再会でした☆

「念ずれば通ず」といいますが、それを実感した旅でした。

「ようこそおたずねくださいました」から始まり、
妙慶さんが日々思っていることを語りかけてくれる
川村妙慶の日替わり法話」、ぜひのぞいてみてください☆

「北野工房のまち」(神戸市)で レザークラフト体験はいかが?

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
関西方面を旅する方に、オススメのスポットをご紹介します。

まずは神戸編☆「北野工房のまち」(神戸市中央区)から。

建物は、平成8年に閉校になった小学校を再利用していて、

kitano koubo no mati

ショッピングはもちろん、さまざまな体験メニューが楽しめます。
(実は昨年も訪れ、スグレモノの手作り化粧品を作りました。
2013年3月10日に掲載)

今回は、オリジナルクラフトショップ「ファーストピクチャー」で
牛革レザーのミニバッグ作りにチャレンジ!

mini bag

アクセサリーケースということですが
フリスクやキャンディーを入れるのにも、ちょうどいいサイズです。

型抜きした本革や、飾りの花のモチーフは好きな色を選べます。

craft start

金具やホックなど、材料は全て揃えてもらえるので

craft parts

説明を聞きながら、金具を打ち込むだけ。

craft push

アクセントに、赤い花のモチーフを付けました。

craft hook

後は、先生にチェックしてもらい、器具を使ってホックを取り付けます。

craft hook 2

取り付けたホックが「パチン!」といい音を鳴らして留まったら

finish.jpg

「イエ~イ!」と先生にハイタッチで祝福してもらい、完成です!

craft bag

普段使っているバッグにぶら下げても、かわいいでしょ♫

use.jpg

先生(実は社長)のトークも楽しく、あっという間の30分☆
他にも、オシャレなデザインのコインケースやポーチなどがあります。

北野工房のまち 神戸市中央区中山手通3丁目17番地
営業時間 午前10時~午後6時
休館日 第3火曜日(祝祭日に重なる場合は翌日に振替え)
ファーストピクチャー