スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇で乗馬体験☆エルパティオ牧場その4 ファームステイ2日目 編

エルパティオ牧場」の「ファームステイ」(泊り込みの乗馬教室)

2日目の朝、部屋のテラスから眺める、朝もやの草原が美しい。

morning.jpg

聞こえるのは、小鳥のさえずりだけ。
澄んだ空気を、深呼吸すれば\(^o^)/細胞の隅々まで、
新鮮な空気が送り込まれて、生き返る感じ

朝もやが晴れてくると、涅槃像の姿に見える阿蘇五岳が見えてきます。
(左が仏さまのお顔で、仰向けに横たわっている姿に見えます)

aso gogaku morning

いつもは、朝起きたら、すぐにテレビをつけるのだけど
全くそんな気になれません。
携帯電話の電源もオフにして、
ただただ、この雄大なロケーションを見つめていたかった(^_^)
まさに、自然のやさしいパワーに浄化される感じです。

ちなみに、お泊りした部屋は、温かみを感じるアメリカンスタイル。

EL PATIO RANCH ROOM

お風呂は別棟にあります。

EL PATIO RANCH BATHROOM

温泉ではありませんが、地下からくみ上げるミネラル分豊富な鉱泉水で
身体をやさしく癒してくれます。

朝食タイムは午前8時。
アメリカの食堂「ダイナー」をイメージしたレストランで、

resutaurant.jpg

アメリカンな朝食を頂きます。

breakfast.jpg

午前9時からは、1泊2日のファームステイ最後のトレッキングへ。
パートナーは、シェナンドーという名前のピントホース。

pin t horse

白地に茶色のブチ柄という牛のような模様が特徴。
カウボーイに人気の馬です。

コースは、約1時間の「ロッキー山脈コース」(5キロ)。
長~い丘、通称「ロッキー山脈」を通り
真横に草原の海を眺めながら、見渡す限り草原の丘を行くコースです。

朝の陽光に照らされたススキの穂が、キラキラ輝いて見えます。

roky corse

メルさんの的確な指導で、手綱さばきも、随分慣れて、
景色を楽しむ余裕もでてきました。

群生するススキをかきわけ、ワシワシと進みます。
ワイルドだぜぃ~!

torekking japanese pampas grass

今朝は、グループでのトレッキング。
馬たちは、車間距離ならぬ、“馬間距離”をきちんと保ちながら、進みます。

trekking group

皆、楽しそうな笑顔です(^O^)

丘の上では、駆け足の練習も。
暴れん坊将軍・・・とまではいきませんが、
随分、サマになってきた…ような気がします。
カウボーイに人気の馬、ピントホースのシェナンドーに乗って
気分はすっかり、カウガールです

cowgirl.jpg

しかも、乗馬は水泳や、ウォーキングと同じように有酸素運動。
ただ乗っているようで、実は全身の筋肉を動かしています。
ウエスト、太もも、脚を引き締め、ヒップアップ効果あり。
楽しみながら、シェイプアップできるなんてステキ!
さらに、疲れた心と身体も 
優しいぬくもりで馬たちが受け止めてくれます

1泊2日のファームステイで、すっかり乗馬にハマってしまいました。
「また馬に乗りにきたい」・・・ではなくて
「会いにきたい」と思わせてくれた馬たちに

with BL

厩舎で、再会を約束して帰ろうと思ったら
かわいいポップが目につきました。

lucky item

なになに、古来からの言い伝えで馬の毛は
幸運を呼び戻す」とか「持っただけで良いことがある」とな。
縁起物の馬の毛で作ったストラップ、デザインもいろいろ。

house item

今回の記念に、一つ買って帰りました。
なんだか、いいことありそう(^◇^)♪

◇株式会社アイランドリゾート阿蘇「エルパティオ牧場」 
熊本県阿蘇市一の宮町三野2305ノ1 ☎0967・22・3861
スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

阿蘇で乗馬体験☆エルパティオ牧場その3~スターライトトレッキング編

ファームステイ」(泊り込みの乗馬教室)で訪れた
「エルパティオ牧場」(熊本県阿蘇市)
(夜はこんな感じ☆)

EL PATIO RANCH NIGHT

阿蘇の溶岩で焼くバーベキュー「阿蘇溶岩プレートBBQ」で
「食欲の秋」を堪能した後は
エルパティオ牧場の今秋の新企画「スターライトトレッキング」を体験しました。

star light trekking

文字通り、星空の下での外乗です。

姉妹店のエルパティオ乙姫でも実施していると聞き、
隣接するゴルフ場の中をトレッキングするコースへ。

真っ暗な道も、馬は大丈夫。暗闇でも目が見えるのだそう。

star light trekking funny

乙姫での案内はファニーさん。
今回のお馬は、クォーターホースのメスの「レッド」
(ちなみに、写真を撮ってくださったのはグッチさんです。
ありがとうございました。)

star light trekking red

虫の音をBGMに、月や星を眺めながらのトレッキング
道には、馬に乗った私たちの影が・・・
ファニーさんの「月灯りって結構明るいでしょ」の声に、
初めて街灯の灯りでなかったことに気付きました。(感動)

木々のシルエットが闇夜に浮かび上がり、ロマンチック…
まるで、おとぎの世界に迷い込んだような感じ。
これまで体験したことがない不思議ワールドでした☆

乗馬のあとは、乙姫ハウス(←勝手に名前付けました(^_^;))でコーヒータイム。
ファニーさんとのお喋りも弾みます。

otohime 1

奥では、ビリヤードもできます。
これからの季節は、薪ストーブを囲みながらの語らいも楽しそうです。

otohime roll stove

ちなみに、この薪、ファニーさんが割ったもの☆頼りになる女子です(^_-)

◇株式会社アイランドリゾート阿蘇「エルパティオ牧場
 熊本県阿蘇市一の宮町三野2305ノ1 ☎0967・22・3861

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

阿蘇の大草原で乗馬体験☆ エルパティオ牧場その2~トレッキング編~

ファームステイ」(泊り込みの乗馬教室)で訪れた
エル・パティオ牧場」(熊本県阿蘇市)

EL PATIO

サラブレッドのガンちゃんに乗り、約20分間の馬場でのレッスンを終え
メルさんのリードで「アパッチコース」と名付けられた
約40分間の草原トレッキングコースにスタート!

空ってこんなに広かったのね~と感動しながら
ススキが揺れる草原を馬に乗ってお散歩・・・楽し~い\(^o^)/

japanese panpas grass MEL

アップダウンのある道や、
こんな風な木製の橋を危なげなく渡った時には、

bridge.jpg

「もう馬を乗りこなしている私って、すごい!」と心の中で自画自賛(^◇^)

しか~し、それは勘違い(^_^;)
はっきり言って、乗っている人間の技量はあまり関係なくて・・・
しっかりと教育されたエルパティオ牧場の馬なればこその技なのです。

群生したススキをかき分けながら、黙々と進むガンちゃんに身を任せていると
今度はなんと、やまなみハイウエーに出て、道沿いを歩く(驚)

yamanami trekking

馬たちは、車にも慣れたもので、決して車道に飛び出すことはありません。
すれ違う車に手を振ると、(^_^)/
「えーーー(@_@;)馬が…」と車中で驚いて振り返ってる姿に、何だか優越感。
それも利口な馬だからこそ…なのですが、愉快な気分(^_-)

抜群のロケーションの開放感に加えて、
映画のヒロインにでもなったような高揚感も味わえ、
初めての外乗で早くも乗馬にハマってしまいました。

trekking 3

気が付けば、エルパティオ牧場のアイドル
ジャックラッセルのルースターも一緒でした。

メルさんに何度も「ルー、帰りなさい」と叱られながらも
馬の脚の間を上手にすり抜けながら、
ちょこちょことついてきていたのでした。

rustar.jpg

かわいらしいの一言(*^_^*)

少し休憩して夕食までに、もう一本。
草原の丘を巡る「大酋長コース」(50分)に挑戦!

今度の馬は、ウエスタン乗馬で主に使われる、頑丈で瞬発力があり、
気性がおとなしく従順タイプのクォーターホース。
名前はBL(ビーエル)。性格は、甘えん坊で食いしん坊

馬にとっても、食欲の秋です。
コースを知り尽くした彼は、
美味しい草があるポイントでは、止まってムシャムシャ。

trekking 1

手綱を引いて軌道修正しなければいけないのだけど、
その様子もかわいくて、なんだか癒されるのです。

丘の上では、少しだけ駆け足の練習も。気分は暴れん坊将軍?

trekking 2


牧場の夕方は、ゆっくりとした時間が流れ、
草を食む馬たちの姿に、またいやされるのでした。

evening horses

ボーダーコリーのファルーカが馬たちと
何やらお喋りをしているように見えたり

faruka.jpg

子馬たちが遊んでる様子にも、心が和みます。
肩の力が抜けて、日頃のストレスが、すっーと消えていく感じ。
evening colt

雄大なロケーションの中で暮らしている馬たちにも、ストレスはなさそう。
だからこそ、ビギナーの“いきなりトレッキング”が成り立つのでしょう。

そんなことを考えているうちに、こちらもお腹が空いてきました。
ディナーは、阿蘇の溶岩で焼くバーベキュー「阿蘇溶岩プレートBBQ」

barbecue.jpg

良質な牧草を食べて育った阿蘇の「あか牛」は、
余分な脂肪がない低カロリーで旨み成分が豊富な赤身が特徴。
そして、梅酢を与えて育てたヘルシーな「梅酢黒豚」に、
地鶏をセットしたバラエティに富む味わいが魅力です。

食後は、エルパティオ牧場の今秋の新企画
星空を眺めながらの外乗「☆スターライトトレッキング☆」
姉妹店の「エルパティオ牧場乙姫」で体験しました。
次回は、そのレポートを!

◇株式会社アイランドリゾート阿蘇「エルパティオ牧場
 熊本県阿蘇市一の宮町三野2305ノ1 ☎0967・22・3861

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

スポーツの秋!阿蘇の大草原で乗馬体験☆エルパティオ牧場編その1

今回の旅のテーマは「スポーツの秋」。
訪れたのは阿蘇山の周囲120㌔㍍に及ぶ外輪山の一角にある
エル・パティオ牧場」(熊本県阿蘇市)。

EL PATIO RANCH form

広大な草原で乗馬体験してきました!
trekking 2

エルパティオ牧場の広さはなんと30万坪。
Yahooドーム14個分の広さ\(^o^)/
青空の下、見渡す限りの大草原。360度の大パノラマは圧巻です!

prairies.jpg

馬場からも、阿蘇五岳が眺められます。

EL PATIO RANCH riding grounds

馬場では、ジーンズ姿のスタッフが、「ピーター」「グッチ」と
ニックネームで呼び合っています。
大草原で颯爽と馬を走らせる姿はカッコイイの一言!

abarenbo syogun

そう、もはやここは日本ではありません。
西部開拓時代のアメリカ“カウボーイの世界”なんです。

EL PATIO RANCH

乗馬スタイルはウエスタン。

cow boy world

ヨーロッパに端を発するブリテッシュと違い、
乗馬用ヘルメットやジョッパーブーツ、手袋などは不要。
動きやすい服装ならOK。カジュアルな雰囲気で気軽に乗馬が楽しめます☆

今回は、ベテランスタッフの指導で、1泊2日で駆足までマスターできる
ファームステイ(泊まり込みの乗馬教室)」をリポートします。

秋晴れの昼下がりに到着。まずは、レストランで、ランチを頂きました。

resutaurant.jpg

メニューはいろいろありますが、
オススメはボリューム満点なハンバーガー

hamburger.jpg

今の季節なら、テラスで食べるのいいですね。

terrace.jpg

ひと休みした後、レッスン開始!
厩舎には個性豊かな馬が38頭。皆、やさしい目をしています。

with BL

今回のステイで指導してくれたメルさんに連れられて
馬場にやってきたのは、
スマートなサラブレッドで名前はサナバガン(通称「ガン」)。

mel.jpg

他の馬よりも一回り大きくて、乗るとかなりの高さ。
普段の視界とは異なる世界が広がり、気持ちいい~(^◇^)

lesson 1

まずは、馬場で、基本的な馬の操作方法を習います。

lesson 2

ちょっとだけ駆け足も☆彡

lesson 3

約20分、馬場でのレッスンの後は、いきなりトレッキングに出発☆
「えーっ、そんなに早く?」と戸惑っている間にも、
メルさんのリードで、どんどん前進するガンちゃん。
約40分間「アパッチコース」と名付けられた草原のコースをトレッキング。
馬場での引き馬では味わえない圧倒的な開放感なのでした。

japanese panpas grass MEL

続きは、次回のトレッキング編で。

◇株式会社アイランドリゾート阿蘇「エルパティオ牧場」 
熊本県阿蘇市一の宮町三野2305ノ1 ☎0967・22・3861

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

官女着付け体験で、源平最後の戦い”壇ノ浦の合戦”にタイムスリップ!

先日、日本旅行作家協会の特別例会で
壇ノ浦の戦いの舞台である下関を訪れ
赤間神宮に参拝しました。

赤間神宮

下関市では、しものせき観光キャンペーンの一環として
10月・11月の日曜・祝日、長府毛利邸(長府惣社町)で、
官女の衣装の着付けや、武者姿に変身する
名物企画を実施中です。
なんと無料で変身できるという、太っ腹企画です!

今回は特別に、赤間神宮で、宮女の衣装を着せて頂きました。
着付けスタッフの方々が

着付けスタッフ

手際よく着付けてくださいました。

宮女着付け①
着付け体験②

もう一枚、歩きやすいように、裾を短くはしょって着用。

宮女着付け③
宮女着付け④
宮女着付け⑤

平安時代から鎌倉時代にかけての
公家や上流の武家の女性の旅姿「壺装束(つぼしょうぞく)」です。
胸元には、首からかけた懸守(かけまもり)。
懸守には、旅の必需品のお守りや薬を入れていたそうです。

市女笠(いちめがさ)をかぶり、杖を持って
源氏に追われて落ち延びる際に旅姿になった平家の官女」の出来上がり!

宮女着付け⑥

市女笠には、虫除けや、顔を隠して旅をする為に、
「虫の垂れ衣」がついています。

男性は(希望すれば、女性もOK),総重量20kgの甲冑を付けた武者に変身できます。
源平最後の戦い”壇ノ浦の合戦”にタイムスリップした気分です。

宮女プラス甲冑

ちょっとそこまで・・・の外出時には
こんなふうに、頭から衣被(きぬかずき)の単(ひとえ)を
かぶる感じで、出かけていたそうです。

女官体験 完成


通常は、長府毛利邸で行っている秋の名物企画です。

【実施期間】平成24年10月・11月の日曜・祝日
【実施時間】10時~15時30分(受付は午後2時30分まで)着付けは約20分間
【実施場所】長府毛利邸(下関市長府惣社町4-10)
【アクセス】下関駅からバス23分「城下町長府」バス停下車、徒歩10分
【料  金】無料 ※子供用衣装は有料1,000円
 ※長府毛利邸入場料(大人200円)は別途必要
 ※予約不要(先着順で受付)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。