“神々と暮らす港町”美保関(島根県) その2

出雲大社との両参りでご利益倍増の「美保神社」に参拝する旅 その2

かつては、宿屋も兼ねた廻船問屋が軒を連ね
今も当時の屋号が掲げられ、タイムトリップした気分になる
「青石畳(あおいしだたみ)通り」歩いていると

aoisidatami-dori.jpg

その一角に、創業百余年の老舗「太鼓醤油店」があります。

taiko-syoyu.jpg

伝統の製法は今なお受け継がれていますが、新感覚の商品もあります。
自慢の醤油を使った特製アイスクリーム「しょうゆあいす」(250円)です。

syouyu ice

口に入れるとほんのりと醤油が香り、クセになる味。
散策の合間に、楽しみたい個性派スイーツです。

続いて、天平時代の開山といわれる由緒正しきお寺「仏谷寺(ぶっこくじ)」へ。
大日堂に安置された5体の仏像(重要文化財)は、
薬師如来坐像を真中に、聖観音立像3体と、菩薩形立像1体。

bukkoku-ji butuzou

butuzo setsumei

出雲様式といわれる素朴でダイナミックな一木彫り。
静かな空間で、仏様を拝んで、心が洗われました。

また、山門を入ってすぐ左には、八百屋お七の恋人の吉三のお墓があります。

kitiza no haka

吉三は、お七の処刑後、発心して「西運」と名のり江戸を出発。
各地でお七を供養し、1737年に、この寺で亡くなった…と伝えられています。
悲恋ストーリですが、一途な愛が感じられる「ラブパワースポット」でもあります。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

出雲大社との両参りで、ご利益倍増の「美保神社」(島根県・美保関)

「平成の大遷宮」で注目を集める出雲大社
縁が深い「美保神社」参拝で、
島根半島の東端にある美保関(みほのせき)を訪れました。

miho jinja torii

えびす社の総本社である美保神社は、
「漁業・商売繁盛」の神・コトシロヌシ(えびす様)
「農業・子孫繁栄」の神・ミホツヒメ2神を祀っています。

そのため、本殿は大社造りを2棟並べて装束の間でつないだ特殊な造りで
「美保造り」と呼ばれる国の重要文化財になっています。

miho jinja

ご利益も2倍ありそうです(*^^)v

また、えびす様は、
縁結びで知られる出雲大社の神様オオクニヌシ(大国様)の息子にあたり、
“親子神”の「両参り」が縁起が良いとされています。

ちなみに、美保関は、漫画家・水木しげるさん ゆかりの地でもあるのです。
というのも、水木さんの幼少期に大きな影響を与えた
「のんのんばあ」(故・景山ふささん)の故郷であり、
水木少年がインスピレーションを受けた地だから。
水木さんの故郷・境港が“妖怪に会える町”なら、
美保関は“神々がいる町”。
厳かで清らかな気が漂う「美保神社」を参拝し、そう感じました。


参拝を終え、鳥居から脇道に入ると、風情ある小路が続きます。
江戸時代に敷かれた石が雨に濡れると、
青い色が浮かび上がることから
「青石畳(あおいしだたみ)通り」と呼ばれています。

aoisidatami-dori.jpg

かつては、宿屋も兼ねた廻船問屋が軒を連ねた通りで、
今も当時の屋号が掲げられ、歩いているとタイムトリップした気分になれますよ。

「平成の大遷宮」出雲大社で本殿遷座奉祝祭始まる!

縁結びの神様として知られる大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)をまつる出雲大社で、
「平成の大遷宮」のクライマックスといえる「本殿遷座祭」が10日、執り行われました。

本殿(国宝)の修造に伴い仮殿に移されていたご神体を、
清らかに蘇った本殿に迎えるという60年振りの神事でした。

5年間にわたる修造は、檜皮葺(ひわだぶき)の大屋根を葺き替え、
千木(ちぎ)や勝男木(かつおぎ)などの銅板部分には、
日本の伝統的な塗装「ちゃん塗り」が施されました。

izumotaisya hiwadabuki-yane

ちなみに、5年前の「仮殿遷座祭」(ご神体を仮殿に移す神事)は満月で
10日の「本殿遷座祭」は新月でした。
60年前の遷宮の日取りに合わせたところ、結果的にそうなったとのこと。
なんとも不思議な巡り合わせ。神秘を感じますね。

また、10日の「本殿遷座祭」の時も・・・
朝から降り続いた雨が、昼過ぎにはやみ、
本殿にご神体が戻った直後に再び降り始めました。
儀式中だけ降りやむなんて、やはり不思議なパワーを感じますね。

境内の中でも、大きなパワーを得られるスポットとして知られるのは
神楽殿の大注連縄の下です。

kaguraden simenawa

よい気を吸収しパワーチャージ!
写真を撮って、持っておくのもいいですよ。


今日12日からは、盛りだくさんの奉祝行事が行われています。
松の参道東側に設けられた「東神苑設ステージ」を中心に、
6月9日まで連日、出雲神楽や石見神楽、コンサートなどが催されます。

また、東隣りの「島根県立古代出雲歴史博物館」(☎0853・53・8600)では、
特別展「平成の大遷宮 出雲大社展」が開催中です(6月16日まで)。

izumotaisya-ten.jpg

出雲大社をテーマにした展示は全国初で、
国宝6件を含む関連史料140件を展示しています。
常設展には、本殿の高さが48㍍あったとの伝承に基づき、

izumotaisya kodaisinden mokei

10分の1のスケールで復元した古代高層神殿の模型など、
謎を秘めた出雲大社の歴史を様々な角度から紹介。
参拝の前の“予習”としてもお勧めです。

キレイになれるパワースポット「ラ・シェンテ心斎橋店」~三都物語 大阪編その3~

三都物語~大阪編その3~は
キレイになれるパワースポットをご紹介します。

洗練されたラグジュアリーな空間は・・・

ラシェンテ心斎橋店 待合①

ホテルのロビーのようですが…

ラシェンテ心斎橋店 待合②


心斎橋にある関西エレ女御用達のヘアサロン「ラ・シェンテ」です。

ラシェンテ心斎橋店 店内

パリをイメージしたオシャレな店内は、飯田純子社長のデザイン
関西エリアに人気ヘアサロン8店舗を構える
ラ・シェンテグループを運営するクラフト・ワークスのオーナーです。

ヴァンサンカンのエレガントブロガーとしても、情報を発信中です。
http://blogs.25ans.jp/elegant_junkoiida/
ラシェンテ心斎橋店 ビクトリア社長

教職から美容業界に転身という、異例の経歴の持ち主で
カリスマ的な魅力に輝く純子社長との出会いは3年前
ヘアデザインと占いのコラボレーション「開運ヘア」で☆

ヴィクトリア社長と2ショット
ラ・シェンテ神戸三宮店2010年2月

そして・・・この度またご縁を頂き
1周年を迎えるラ・シェンテ心斎橋店の記念イベント
「スイスイ占い」でお手伝いさせて頂きました。

ラシェンテ心斎橋店イベント集合

純子社長を中心に他店舗からの応援も含めたスタッフの皆さん。
華やかさと確かな技術力で、来店したお客様の美しさを引き出していました☆

ラシェンテ スタッフ


実は私も、今回のイベントの打ち合わせに訪れた時、

打ち合わせ

テクニカルディレクターの高宮千嘉さんにお願いして

高宮さんと2ショット

ちょっとイメチェン
ヘッドスパで、傷んでいた髪の毛も生き返りました

まさに、美のパワーあふれるスポットです!

ラ・シェンテ心斎橋店 ☎06・6253・8773
大阪市中央区南船場4-4-3心斎橋東急ビル2F