スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本三大ゑびすの一つ「京都ゑびす神社」の参拝法は・・・

「京都ゑびす神社」は、
西宮・大阪今宮神社と並ぶ日本三大ゑびすの一つです。

kyoto ebisu-jinja 1

本殿を参拝した後は、本殿左横の戸を軽く叩くことがお約束!

kyoto ebisu-jinja 2

えべっさんは、お耳が遠いので、
念押しでお願いするとよいと言われています☆
毎年1月8日から12日の5日間、「十日ゑびす大祭」が行われ
商売繁盛を願う多くの参拝者でにぎわいます。

京都ゑびす神社 京都市東山区大和大路四条南 TEL:(075)525-0005 
スポンサーサイト

受験生の皆さんに、学問の神様パワー送ります!~京都「北野天満宮」~

冬の京都訪れました。
寒いけれど、凛とした空気を感じながら、
神社仏閣を訪ねるのは、とても気持ちの良いものです。

青空が広がるお天気の良い日に
「北野の天神さん」として親しまれている京都の「北野天満宮」を参拝しました。

kitanotenmangu 1


北野天満宮は、学問の神様として知られる菅原道真公を
おまつりした神社の宗祀(総本社)です。

絢爛豪華な桃山文化を今に伝える社殿が美しい☆

kitanotenmangu syaden

拝殿前には、ご利益を求めて、参拝者の長蛇の列ができていました。

kitanotenmangu 2


御祭神の菅原道真公の御誕生日6月25日、命日の2月25日に因んで、
毎月25日は御縁日として、終日境内周辺に露天が立ち並びます。
境内も21時までライトアップされます。

ちなみに、1月25日は「初天神」、12月25日は「終い天神」と呼ばれ
全国からの参拝者で賑わいます。(例年約15万人の参拝者)


菅原道真公(天神様)が丑年生まれということと、
牛にまつわる伝説が多く伝えられているため
牛は天神様の神使(お使い)ということで、境内には、牛の像が何体もあります。

kitanotenmangu 3

菅原道真公が愛した梅の花は、約2万坪の境内に50種 約1500本も)^o^(
2月25日には「梅花祭」が行われます。
見頃は、2月の下旬から3月上旬です☆

七不思議の史跡めぐり もお勧めです。
詳しくは公式サイト参照http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_school/nanafushigi/

北野天満宮
〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所TEL:075-461-0005
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。