ホテル全体が開運パワースポット「ザ・ペニンシュラ香港」

香港レポートその3は、開運&ゴージャスホテル編。
“東洋の貴婦人”ともいわれる「ザ・ペニンシュラ香港」をご紹介します。

the peninsula

1928年に開業。香港で最も長い歴史を持つ格式あるホテルです。

開運の要素がちりばめられたホテルでもあります。
ますは、立地。
九龍半島を背に、ヴィクトリア湾と香港島に向かい
風水的に見て「背山面水」の吉祥地。

また、玄関に置くと富や幸運が舞い込むとされる水を
噴水として取り入れています。

正面の車寄せには、送迎車のロールスロイスが。
ホテルのイメージカラーの緑色です。

the peninsula 2

車寄せでは、陰陽道で調和集中を表すと言われる、
反時計回りに回すようになっています。
玄関の左右には、招福の獅子の像も見えます。

良い気が流れ込む玄関脇のロビーでは、優雅なティータイムが楽しめます。

the peninsula teatime

天井の装飾も美しい☆
よく見ると柱の四隅には、西洋の魔除け「ガーゴイル」が。

the peninsula teatime 2

全部で76体あり、一つ一つ表情が異なるのも面白い(^◇^)
天井から、ゲスト、スタッフの安全を守っているのだそう。


階段もステキです!

the peninsula 3

2階は高級ブランドのショップが並んでいます。

生演奏のブースもありました。

music.jpg

演奏の邪魔になるので、あまり近付けませんが
ガーゴイルがよく見えますね。

その他、正面玄関の真ん中の
ガラスプレートに描かれた中国の神様「門神」が
幸運を招き、悪霊が入るのを防ぐ・・・など
ホテル内に取り入れられた開運アイテムも、東洋と西洋が融合☆


Suiteroom.jpg

客室は、開運に良いと言われる、入り口から直接ベッドが見えない設計。
リビングルームには、良い気が流れ、くつろげます。

まさに、ホテル全体が、開運パワースポットです☆
スポンサーサイト

テーマ : 香港 - ジャンル : 海外情報

香港ナイトツアー その2 ウーマンズ・マーケット「女人街」

オープントップバスで駆け抜けながら
道路に突き出た大型ネオン群を鑑賞した後は
名物ストリート、「女人街(ノイヤンガイ)」へ。

洋服、アクセサリー、土産物を扱う100以上の露店が
両側にぎっしり連なっています。
カラフルでポップな商品の数々・・・
見て回るだけも楽しい☆

nyonin-gai 1

チャイニーズ風の茶器や掛け軸
有名ブランドによぉ~く似た財布や
キャラクターものまで、なんでもあり。

nyonin-gai kakejiku

character.jpg

super man pants

チープでディープな独特の雰囲気も面白く
お店の人とのお喋り⇒値段交渉⇒値切り倒すのもお楽しみ。

nyonin-gai 3


同じようなアイティムのお店が多いので、
各店で値段をチェックしてから買うのがおすすめ。
意外な掘り出し物もみつかるかも♫

テーマ : 香港 - ジャンル : 海外情報

孤高の天才打者・前田智徳、今春から解説者に☆初解説は9日広島で!

先日、広島ホームテレビ(テレビ朝日系列)で行われた
2014年春の記者懇親会で、
今春解説者としてデビューする
元カープの孤高の天才打者・前田智徳さん(42)が登場!

「選手時代は、技術を極めるために、自分を追い込んできた。
今度は、解説者として、違う角度で野球を極めていきたい」と抱負を語りました。

maeda kaisetusya kaiken 1


どちらかと言うと、
黙して語らず・・・というサムライのようなイメージの前田さん。
ご本人も
「(解説者には)向いてないので、
出来ればやりたくなかった…」そうですが・・・

生年月日と名前で占ってみますと・・・

前田智徳さんは 1971年6月14日生まれ。
我慢強い努力家の二黒土星。
そして、スポーツに縁がある日に生まれています。
白黒はっきりしなければ気が済まず、嘘が言えない実直さと、
相反する、大らかでお茶目な面を持ち合わせた
珍しい☆2つ星の持ち主☆でもあります。

今年は、これまでの努力と忍耐が報われる「発展運」。
特に、仕事運は良好!

maeda tomonori egao

「長い選手生活の中で培った自分ならではの視点で
各チームを取材し、解説という形で伝えていきたい」と宣言した通り
シャープな感性で、ひと味違う解説者として
活躍してくれそうです☆

孤高の天才打者・前田智徳さんが、
バットをマイクに持ち替えて挑む初解説は
3月9日(日)14時~マツダスタジアムで行われる
オープン戦 広島vsヤクルト 
広島ホームテレビの生中継☆
注目です!

テーマ : 広島東洋カープ - ジャンル : スポーツ

1泊35万円☆天空のゴージャス空間とは・・・~大阪マリオット都ホテル~

大阪阿倍野に「あべのハルカス」が、3月7日グランドオープン!
日本初の高さ300㍍を超える超高層複合ビルで

(1993年完成の横浜ランドマークタワー(296㍍)以来、
約20年ぶりに日本一が更新)

百貨店、オフィス、ホテル、展望フロア「ハルカス300」、美術館などが入っています。

abeno harukasu gaikan

上層階は「大阪マリオット都ホテル」で
19階がホテルロビー、バー・ラウンジ、ブッフェレストラン
20階には、パーティー、セミナーなどに利用できる中小個室があり
57階は、素晴らしい眺望が楽しめるレストランがあります。

restaurant couple

鉄板焼きのコーナーもバックは、床から天井まであるワイドビュー窓。

teppan yaki

絶景が楽しめる贅沢食空間です。


客室は38~55階で、360室あります。
広さ約38㎡の一般的な客室の料金は3万5千円~。

一番ゴージャスな部屋は、
高さ260㍍にある55階の「インペリアルスイート」(162㎡)

imperial suite 1

リビングには、60インチの大画面テレビも。
お部屋が大きすぎて、写真におさまりきらない~(^o^;)

imperial suite living 

ベッドルームも広々

imperial suite bedroom 1


ワイドビュー窓で、開放感たっぷりです!

imperial suite bedroom 2


食事はもちろん、打ち合わせや会議にも使えそうなお部屋もあり

imperial suite mirror 1

鏡がテレビにもなるという(驚)最新バージョン(@_@)

imperial suite mirror television

バスルームからもロケーションが楽しめ

imperial suite bath 1

天気の良い日には淡路島まで一望できます。

imperial suite bath 2


セレブは、お洋服もたくさん持って旅をするので
ウォークインクローゼットまであるのです。

imperial suite walk in closet

まさに天空のゴージャスいやし空間☆
料金は消費税、サービス料別で1泊1室35万円(2人)。いかがですか?

大阪マリオット都ホテル 予約問い合わせは0120・333・001へ。

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

オープントップバスで駆け抜ける香港の夜はアートな世界☆

香港といえば、百万ドルの夜景で知られていますが
その夜景をより身近に体感するナイトツアーもオススメです☆

honkon bas

屋根なし2階建てのオープントップバスで街中を走り、

honkon bas start

道路に突き出た無数の大型ネオン群を、
至近距離で眺めるスリルと迫力が魅力です☆

看板は、重ならないように、上手く配置され
色やデザインはバラバラなのに、

honkon kanban 1

全体的に見るとアートのように見えるのが不思議!

honkon kanban 2

頭上に迫るムーディーな看板たちも見ごたえあり(☆o☆)

不思議と言えば・・・
町のあちこちで見かける建築工事現場では、
鉄パイプや鉄板ではなく、竹で足場を組んでいます(驚)
高層建築物にも使われるのだそう。

honkon takegumi

安全面は大丈夫なのか・・・と思ってしまいますが
香港はほとんど地震がないので、竹でもOKなのだとか。

takegumi.jpg

鉄よりコストがかからないことと
軽くて運ぶのも組み立ても楽だということ
そして、高温多湿な香港では、湿気を帯びて良く締まるので丈夫なのだそう。
逆に鉄はさびやすいらしい。

竹が網のように見事に組まれている様も、アートのよう(^_-)

takegumi 2

ちなみに、竹の足場職人になるためには、専門の職業訓練校で
国が定める一定のコースを履修するのだとか。
一般の建築作業員に比べても賃金が高く、人気の職業らしいです☆

テーマ : 香港 - ジャンル : 海外情報

お伊勢参りの前には、みちひらきの神様「猿田彦神社」に参拝☆彡

2月の半ばの大雪の中、
お伊勢参りで訪れた三重県伊勢市で、「猿田彦神社」に参拝してきました。

sarutahiko jinja haiden


万事良い方向へ導いて下さる「みちひらき」の神様とされる猿田彦大神を祀った神社です。

「みちひらき」の神様と言われるわけは、
天孫降臨の際に、高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を
案内した神様だからです。

sarutahiko jinja

伊勢神宮内宮の近くにあるので、お伊勢参りの前に参拝すると、
道のりの安全を守ってくれるとも言われています。

sarutahiko jinja haiden syomen


境内には、「佐瑠女神社(さるめじんじゃ)」という神社もあります。
祀られているのは、天宇受売命(あめのうずめのみこと)。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を
岩戸から出すために、神楽を舞った逸話から、芸能の神様として知られています。

sarume jinja

天孫降臨に際して、待ち迎えた猿田彦大神と最初に対面し、
天孫御一行を高千穂の峰に導いた後、猿田彦大神と共に伊勢に来ました。

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)から猿田彦にちなんで
「媛女君(さるめのきみ)」という称号を受け、この地に仲良く祀られています。

「縁結び」の神様としても、ご利益がありそうです☆

猿田彦神社 三重県伊勢市宇治蒲田2-1-10 ☎0596・22・2554

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行