スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープな大阪で海老三昧!オマール海老の掴み獲りも☆

関西オススメスポット情報その2は大阪編。
JR天満駅から近い飲食店の立ち並ぶ中にある
大人気の海老専門店
「活海老バルorb(オーブ)天満店」をご紹介しましょう!

katsuebi bar orb

1Fはカウンター席と奥にテーブル席。
グループでワイワイ楽しみたいなら、2階のソファー貸し切り個室へ。
ピンク色の壁&スタンドが妖しいムードを醸し出し…

2F.jpg

くつろぎモード全開\(^o^)/
奥は、プライベートバーカウンターがあり、
なぜか、黄金のマスクもおいてあって…

phantom.jpg

仮面舞踏会状態(笑)で、バーテンダー気分が楽しめます☆

車海老や紅牡丹海老などなど、様々な種類の海老を堪能!

shrimp 2shrimp 1shrimp salad


海老尽くしの料理に加えて、お楽しみは
「活けオマール海老の掴みどり」

shrimp.jpg

1階の生簀から好きなオマール海老をゲットし、
(選んだオマールは量り売り。大体1尾450㌘で2700円前後)
好みの調理法で味わえるというシステム。
ゲーム感覚で、盛り上がること間違いなしです☆

活海老バル orb 天満店 大阪市北区池田町8-7
050-5868-7072 (予約専用番号)
06-4800-0106 (お問い合わせ専用番号)
スポンサーサイト

「北野工房のまち」(神戸市)で レザークラフト体験はいかが?

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
関西方面を旅する方に、オススメのスポットをご紹介します。

まずは神戸編☆「北野工房のまち」(神戸市中央区)から。

建物は、平成8年に閉校になった小学校を再利用していて、

kitano koubo no mati

ショッピングはもちろん、さまざまな体験メニューが楽しめます。
(実は昨年も訪れ、スグレモノの手作り化粧品を作りました。
2013年3月10日に掲載)

今回は、オリジナルクラフトショップ「ファーストピクチャー」で
牛革レザーのミニバッグ作りにチャレンジ!

mini bag

アクセサリーケースということですが
フリスクやキャンディーを入れるのにも、ちょうどいいサイズです。

型抜きした本革や、飾りの花のモチーフは好きな色を選べます。

craft start

金具やホックなど、材料は全て揃えてもらえるので

craft parts

説明を聞きながら、金具を打ち込むだけ。

craft push

アクセントに、赤い花のモチーフを付けました。

craft hook

後は、先生にチェックしてもらい、器具を使ってホックを取り付けます。

craft hook 2

取り付けたホックが「パチン!」といい音を鳴らして留まったら

finish.jpg

「イエ~イ!」と先生にハイタッチで祝福してもらい、完成です!

craft bag

普段使っているバッグにぶら下げても、かわいいでしょ♫

use.jpg

先生(実は社長)のトークも楽しく、あっという間の30分☆
他にも、オシャレなデザインのコインケースやポーチなどがあります。

北野工房のまち 神戸市中央区中山手通3丁目17番地
営業時間 午前10時~午後6時
休館日 第3火曜日(祝祭日に重なる場合は翌日に振替え)
ファーストピクチャー

平山画伯の情熱が伝わる展覧会、広島県立美術館で開催中!

広島県立美術館で開催中(6月1日まで・会期中無休)の
「平山郁夫展~文化財赤十字への道~」に行ってきました。

幼少期から晩年までの約80点の作品(大作が多いです)と
平山夫妻が収集したシルクロードの美術コレクションを展示した
広島では、没後初めての回顧展です。

平山郁夫展


サブタイトルにある「文化財赤十字」とは
危機に瀕した世界各地の文化財を国際協力を通じて
後世へ残そうという活動です。
平山画伯が提唱し、文化財保護振興財団の設立につなげ
中国の敦煌やカンボジアのアンコール遺跡の
保護修復などが行われました。

日本画家として素晴らしい作品を生み出しながら
国内外の文化財保護にも力を尽くした平山画伯。
その情熱の源は、自身の戦争体験がかかわっているようです。
広島での被爆、その後遺症に苦しめられたからこそ
作品からも平和への祈りが伝わってきます。

また、今展では
崇高な輝きを放つ素晴らしい大作に加えて
シルクロードの旅で描いたスケッチや
美知子夫人が記したシルクロード取材日記も見どころです。

桜が満開の姫路城 内濠を巡る和船でお花見も☆

桜が満開の世界遺産・姫路城でお花見を楽しんできました。

himeji-jyo ninomaru

2009年から大天守保存修理工事が行われていて
“お色直し”完了は来年3月。

himeji-jyo kouji

なので、来年の桜の時期には、生まれ変わった
優美な白鷺城を眺めながらのお花見が楽しめますね。

でも、逆に言えば、工事中のお城と桜の組み合わせは
今年が見納めです(次の修理工事の時まで…ですが)

himeji-jyo sakura kouji



桜のトンネルも美しい☆
中を歩くと、気分が上がります(^◇^)

sakura tonneru


そして…
お城の内濠には、和船が運航しています。

wasen 1

木造の和船の建造技術を後世に伝えるため、
姫路城のお濠で使用されていた和船を再現し、昨春スタート☆彡

お城の濠は、戦闘に備えた防御施設ですが
姫路城は、一度も戦闘が行われなかった「不戦の城」で
いつしか濠は、船遊びの場になったのでした。

お濠を巡る和船に穏やかさが感じられるのも、
平和なお城だからでしょうね。

wasen himeji-jyo

今なら風情ある船からのお花見が楽しめます☆

姫路藩和船の乗船体験は
■4月14日(日)まで毎日運航
■4月20日(土)~5月26日(日) 毎週土・日・祝日運行
・午前9時30分~午後5時
・1日12便、1回30分/10名乗船
※4月20日(土)以降は終了を午後4時までとして1日10便運航
【料金】 大人:1000円  小人:500円
【申込み方法】 当日の午前9時から 先着順に予約券を販売
【問合せ】姫路市 観光交流推進室 ☎079-287-3652
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。