スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊取り線香発祥の地で「天然の蚊取り線香作り」を体験!~和歌山県有田市~

すっかり涼しくなり、過ごしやすい秋到来と思いきや
今だに、デング熱感染のニュースが聞かれます。
まだまだ、気をつけなくては・・・
で、見直されているのが「蚊取り線香」。
虫除けに強力な効果を発揮するピレスロイドという成分が配合
しかも煙が出る分、効果が高く「最強の蚊よけ」なのです。
その蚊取り線香を、今夏作ってきました。

天然の蚊取先行製造体験を行っているのは
「除虫菊・蚊取り線香発祥の地」和歌山県有田市の
石井除虫菊工業所です。

katorisenkou setumei

ちょっとここで豆知識を!
蚊取り線香といえば、緑色のものだと思い込んでいませんか?
殺虫成分として化学合成品を使うと緑色になり、
天然の除虫菊を成分として使用すると、この写真のように茶色になるのです。

katorisennkou.jpg

石井除虫菊工業所は、純国産の除虫菊を栽培し
「蚊取り線香の発祥地として、観光資源に活用していければ」と
安心で安全な蚊取り線香の手作り体験を行っているのです。

満開の除虫菊の花を摘み取り、天日でよく乾燥させて、細かく粉砕した茶色の粉に、
細かく粉にしたタブ(クスノキの仲間)の木の樹皮や葉などを混ぜて
水で練り合わせ、粘土のようになったものを・・・

katorisennkou 1

作業版の型に入れ込み、板状にのばします。

katorisennkou korokoro

それを線香の型で打ち抜けば・・・

katorisennkou dokidoki

渦巻き型の蚊取り線香の出来上がり!

katorisennkou dekiagari

ハート形や星形などの型抜きで
好きな形に作るのも楽しい!

katorisennkou iiroiro

十分に乾燥させた後、自宅に発送してもらえます。
送られてきた蚊取り線香に火をつけると、草木の自然な香りが漂いました。
自分で作った(型に合わせてコロコロ伸ばしただけですけど)と思うと、
何だか格別な香りです。

製造体験は通年行われています。
問い合わせは石井除虫菊工業所 (☎0737・83・3201)へ。
スポンサーサイト

ひたむきに一歩一歩前に進む富士登山は人生そのもの!

今夏のイベントのハイライトと言えば・・・富士登山です☆
大型台風11号の直撃が心配された8月9日
富士宮ルートの日帰り登山にチャレンジし、登頂成功しました!

つらく苦しい時も…一歩一歩…少しずつでも…
ひたむきに前に進むことの大切さを再認識
まさに人生そのもの…と感じた富士登山をレポートします。

五合目から山頂を目指す4つの登山道の中でも
最短距離で到達できる富士宮ルートは
他の登山口と比べて最も高い標高2400㍍。
1~2時間体を慣らして

夜が明ける

明るくなってきた午後5時スタート!

五合目

高山病にならないように、深呼吸をしながら登ります。

六合目近くまでは、高山植物を楽しみながら

植物と山小屋

山小屋を目指します。

休憩時には、水分補給はもちろん
ゼリー飲料やカロリーメイト、
おにぎり、チョコレートなどの行動食でエナジーチャージ!

新六合目 速攻元気

七合目あたりから岩がたくさん転がっている砂礫の道を登ります。
振り返ると駿河湾が見えました。

相模湾を見下ろす


登山途中は、様々な登山者に出会います。
時々、軽装備の人もいますが(^_^;)、やはり、万全の備えが大切です。
下着、中間着は速乾性、通気性を重視。
防水性と透湿性を兼備した雨具に
防寒用の薄手のダウン、手袋、トレッキングポールなどなど…
中国新聞オリジナルのマフラータオルも便利です。

七合目へ 休憩中

八合目(標高3250m)から上は、浅間大社の境内で、聖域になります。
鳥居が立つ光景に神々しさが漂っています。

8合目上の鳥居


この写真は、3250㍍の八合目の山小屋。

八合目

看板の下に表示があるように、トイレは各山小屋に設置されています。
有料(200円)なので、小銭の準備は忘れずに!

9合目を過ぎたころから、強風と濃霧の世界でしたが
何とか山頂に到達\(^o^)/

富士山頂 濃霧

寒さにこわばりながらも(+o+)奥宮の鳥居をバックに登頂記念撮影☆

富士山頂

その後、日本一高い富士山頂郵便局から
富士山柄の切手を貼った登山証明書を自分宛てに送りました(^_^)v

登山証明書

台風直撃を免れ、雨にも降られず、登頂に成功できたのは、ラッキーでした。
ちなみに、雨に降られなくてもぬれてしまうので、雨具は必須!
バックパックの中はビニール袋を二枚重ねし
特に濡れてはいけない携帯電話などは、
ジップロックに入れるなど、防水対策は怠りなく。

そんな登山のいろはを教えてくれたのは
今回ガイドをお願いした庄野初美さん。

ディーバ庄野

登山中は、体力を消耗し気力もなくなりそうになると
「あと5分で休憩しましょう」とか
「山小屋が見えてきました。あと10分くらいかな」など
絶妙なタイミングで声をかけながら
山頂へ導いてくれました。さすがプロ!
ペース配分がわからない初心者にとっては、
経験豊富なガイドさんの存在は必要だと思います☆

また、遠方からの登山者には、
JR富士宮駅から徒歩1分の「ゲストハウスときわ」での宿泊をおすすめします。

ゲストハウスときわ

富士山をこよなく愛す影山大介さん、直子さん夫婦が営む家庭的な温かさと、
素泊まり1泊1人2750円~のリーズナブルな料金が魅力です。

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。