スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ&クジラとふれあって運気アップ!その2(和歌山県・太地くじら浜公園)

運気アップ法の一つに、良い縁を呼び込むモチーフとのふれあいがあります。
風水では、今年は「縁」の年で、群れをなして泳ぐイルカやクジラはラッキーアニマル。
その開運パワーにあやかりたいと和歌山県の「太地くじら浜公園」を訪れました。
イルカ&クジラとのふれあいレポートその2は・・・

イルカ&クジラのショーを堪能した後は、いよいよふれあい体験です。

一番気軽に楽しめるのは、桟橋からの「餌あげ体験」。
餌の小魚を持って立っていると、
いち早く見つけたオキゴンドウが寄ってきて、ア~ンと大きく口を開けます☆

餌あげ体験

先のとがった歯が並んだ口の中へ、小魚を投入!

下アゴの前だけに歯が生えているのは、ハナゴンドウ。
何だかキュート!

ハナゴンドウ

人懐っこいバンドウイルカは、くちばしでハイタッチを求めてきます♡

FB用 イルカ餌やり

かわゆいの一言!


もっと近くで餌やりがしたいなら
「カヤックアドベンチャー」にチャレンジしましょう。
2人乗りのカヤックで乗り出すと・・・
大きな頭のコビレゴンドウが寄り添うように泳ぎ、
ヌーっと顔を出して餌をねだります。

コビレゴンドウ

負けじとオキゴンドウがカヤックに迫り、ア~ン!

カヤックに急接近

間近に見るクジラの愛らしい表情に思わず笑顔に(*^_^*)

思わず笑顔!カヤックアドベンチャー


さらにディープなスキンシップを求めたいなら
「ビーチでふれあい」がおすすめです。

胴付き長靴

胴付き長靴を着用した、お魚屋さんスタイルで
眼鏡岩をバックにした海に

ビーチでふれあい 眼鏡岩 背景

腰までつかりながら、餌をあげたり

ビーチで餌やり

流線型のボディにタッチしたり

beachでタッチ

水をかけると、かけ返してきたり・・・遊びにも応えてくれます。
言葉を超えたコミュニケーションに感動&リラクゼーションを体感!
子供はもちろん大人も童心に帰って楽しめること請け合いです☆

<メモ>ショー・ふれあい体験の問い合わせは、太地町立くじらの博物館☎0735(59)2400。
スポンサーサイト

イルカ&クジラとふれあって運気アップ!その1(和歌山県・太地くじら浜公園)

運気アップ法の一つに、良い縁を呼び込むモチーフとのふれあいがあります。
風水では、今年は「縁」の年で
群れをなして泳ぐイルカクジラはラッキーアニマル。
その開運パワーにあやかりたいと
和歌山県の「太地くじら浜公園」を訪れました。

紀伊半島の南端、雄大な熊野灘が望めるスポットです。

自然プール

イルカ・クジラのショーやふれあいプログラムは、
公園内の「くじらの博物館」のイベントとして行われます。

くじらの博物館

ちなみに、クジラとイルカは学術的には同じで、
成体の体長が4㍍を超える種類を「クジラ」
それ未満が「イルカ」と呼ばれます。

博物館で基礎知識を得て、ショーを楽しみましょ~☆

まずは、プールで行われるイルカショーから。
軽やかなジャンプ!

イルカ 軽やかなジャンプ

器用に口でフラフープをしてみたり・・・

口でフラフープ イルカ

ショーの後は、一緒に記念撮影も

イルカと記念撮影

開運アニマル・イルカにタッチ♡して、パワーチャージ!
バンドウイルカの何とも愛らしい表情に、いやされます。

イルカにタッチ 記念撮影


続いては、クジラのショー!
眼鏡岩など熊野灘のロケーションを背景に、
自然プールと呼ばれる海が舞台となるのが魅力です。

細長い体型を「キュウリ」に見立て「キュウリゴンドウ」の異名を持つ
「オキゴンドウ」は、黒くてスマート!ジャンプもカッコイイ!!

クジラショー オキドンドウ

大きな頭がチャームポイントの「コビレゴンドウ」は
ちょっと重さを感じさせながらも豪快なジャンプ!

クジラショー 大きな頭

水しぶきも半端ない!

水しぶき

ショーの後は、いよいよふれあい体験!
海の中に入ったディープな触れ合いも体験できます!
レポートは次回・・・♫

☆イルカ・くじらショーの問い合わせは、太地町立くじらの博物館☎0735(59)2400。

鉄道運転士の夢を叶えてくれる「有田川町鉄道交流館」~和歌山県有田郡~

2010年公開の映画で、中井貴一扮する主人公が
49歳にして、電車の運転士になるという子供の頃からの夢を果たした
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が
(錦織良成監督の島根3部作の一つです) ありましたが・・・

鉄道マニアならずとも、
「電車を運転してみたい!」・・・と思ったことありませんか?

そんな夢を叶えてくれるスポットが和歌山県にあります。
有田川鉄道公園内の「有田川町鉄道交流館」です。


公園入口では、蒸気機関車のD51が迎えてくれます。

D51

芝生広場の先に、鉄道交流館があり、

kouryukan.jpg

館内では、有田川町の風景を再現した鉄道模型のパノラマ展示され
ミニチュアの電車が走っています。
実際に運転操作もできます。

giorama.jpg

交流館前は、プラットホームをイメージしたウッドデッキになっていて
有田鉄道を実際に走っていた往年の車両「キハ58003」が。

aritagawa tetudo

運転体験できるのが、この車両で、約400㍍の線路上を走行します!

これまで、運転シュミレーションを体験したことはありますが
実際に運転するのは初めてです(*^_^*)
指導員の方の指導を受けながら、
運転手引書を見て、運転台の装置を確認し・・・
いざ、チャレンジ!

aitagawa unten

運転席から見える線路は、こんな感じ。

aritagawa senro

運転中は真剣そのものです☆

aritagawa unntenchu

動き始めも感動ですが
思い通りの位置に停車できるかどうか・・・
テンションが上がります。

運転体験の後は
記念証明書と免許書がもらえます(^_^)v

unten syomeisyo

運転体験に関する問い合わせは
有田川町役場 商工観光課 ☎0737・52・2111へ。

有田川鉄道公園 〒643-0801 和歌山県有田郡有田川町大字徳田124番地1 ☎0737-52-8710
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。