超レアなバービー人形に感動!~箱根北原おもちゃミュージアム~

館長・北原照久さんのブリキのおもちゃをはじめとする
様々なコレクションを展示している「箱根北原おもちゃミュージアム」」。
(箱根のほか、横浜の「ブリキのおもちゃ博物館」、河口湖の「北原ミュージアム」、
 羽田第一ターミナルマーケットプレイス3階の
「北原コレクション エアポートギャラリー」があります)

明治・大正・昭和時代に作られた玩具中心の展示ですが
その膨大なコレクションは驚くばかり。

展示室

こちらはミニカーがずらり

ミニカー

セルロイドのお人形たち。
生き生きした表情に、閉館後はお喋りしていそう・・・とさえ思ってしまいます。

セルロイド人形


国内外から集められた展示品の数々は、
当時のトレンドを物語り、眺めていて懐かしく心がホッと温まります。
・・・が、想定外の玩具にも出合い、カルチャーショックも(@o@)

それは・・・

男性着せ替え人形

1960年代、米海兵隊を舞台にしたTVドラマがきっかけで生まれた
男の子向け着せ替え人形。
世界的に有名なバービー人形をヒントにして、コスチューム武器など、
豊富なオプションが、アメリカの男の子の心をつかんだのだそう。
結構細かく作り込まれています。

男性着せ替え アーミー 

男子も着せ替え アーミー


その隣には、バービー人形の数々・・・

着せ替えvariety

イブニングドレスがステキです。
こちらも、靴、バッグ、アクセサリーの他、ウイッグや水着など様々なオプションがあります。
日本バージョンの着物セットもありました。
かんざしや足袋に加えてなぜか三味線も。芸者さんのイメージなのでしょうか。

着物 着せ替え

なかなかリアルな作りです。

リアルと言えば・・・
人生をリアル過ぎる程に表現したセットも。
ウエディングからの~

ウエディング

おめでたマタニティ 

妊娠バービー マタニティルック

妊娠したのは、バービーのお友達のミッジですが
そのお腹にはベビーが☆

妊娠バービー人形

ストレートな表現は、さすが自由の国アメリカ・・・と思ったら
どちらも「発売中止になった」とのこと(^_^;)
ミッジが夫(となる男性のお人形)と一緒に発売されなかったために
未婚の母とみなされ、当時の保守的な親に受け入れられなかったとのこと。
とてもレアなお人形たちです。

箱根北原おもちゃミュージアム
スポンサーサイト

ビッグサイズの箱根のビリケンさんで、大きな幸せを~☆

なんとも印象深いお顔立ちで足を投げ出して座っているのは
ご存知、ラッキーゴット「ビリケン」さん☆

大阪・通天閣の木像のビリケンさんが有名ですが
こちらは、箱根北原おもちゃミュージアムに展示された
大きなビリケンさん(約1㍍)
なでると願いが叶うといわれる足の裏もビッグサイズ
大きな幸せがゲットできそうです(^_-)☆

その発祥には諸説ありますが・・・

箱根のビリケン

1908年アメリカの彫刻家 フローレンス・プリッツが
作品の構想に悩んでいた時、夢の中に登場したのが起源と言われています。

「私を作れ、そして足の裏をなでると願いが叶う」との夢のお告げ通り像を作り、
出展したシカゴの美術展で、彼女の作品はグランプリを獲得☆
その後、世界的な大ブームとなり、日本には明治時代にやってきました。

こちら、北原ミュージアムのビリケンさんは
大正から昭和初期に作られた木製で古い旧家から対で見つかったもの。
神田明神でも飾られていたことがあるといわれていて
当時のものとしては最大級のビリケンさんです☆

箱根北原おもちゃミュージアムは
館長・北原照久さんのブリキのおもちゃをはじめとする
様々なコレクションを展示しています。