スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新藤兼人 百年の軌跡 記念展示は24日まで!

広島市佐伯区出身、世界最高齢の現役映画監督、新藤兼人さん(99)が、
今月22日に100歳を迎えます。
それを記念して、今広島は新藤兼人フィーバー\(^o^)/
映画ファンらでつくる「百年の軌跡」実行委員会(蔵本順子委員長)は
県内各地の映画館での作品上映
(5月末まで代表作の「原爆の子」「裸の島」など監督作品48本を順次上映)とともに、
旧日本銀行広島支店(中区袋町)で、記念展示を24日まで開催中(入場無料)です。

展示は、新藤監督が生まれ育った石内村(現・佐伯区五日市町石内)と家族に焦点を当てています。

思わず、教壇に立ちたくなる小学校の教室

新藤監督記念展示


これは、「石内尋常高等小学校 花は散れども」でも描かれた
石内尋常高等小学校の教室を再現したもの

記念展示 教室


そして、こちらは生家が没落し幼少期を過ごした蔵の中を再現。

新藤兼人 百年の軌跡 記念展示

どちらも映画のセットのような趣です。

百年前の石内村のジオラマ(模型)もあります。

石内村ジオラマ全景

指揮を執ったのは、広島市出身の映画美術監督で
同実行委副委員長の部谷京子さん=写真左。「百年の軌跡」の言いだしっぺです。

部谷京子さん

1992年、周防正行監督『シコふんじゃった。』で、美術監督としてデビューし、
1996年、同監督の『Shall we ダンス?』、
2006年、同監督の『それでもボクはやってない』の美術で
日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞するなど、広島が誇る美術監督です。
新藤監督をこよなく尊敬し愛する情熱、そしてその行動力たるやスゴイの一言!
そんな部谷さんファンも多く、この展示を訪れています。
ワタクシもその一人で、実はジオラマ作りを少しだけお手伝いしました。

石内村ジオラマ1
石内村ジオラマ畑

美術専攻の女子大生・千尋さんと一緒に
民家のまわりに畑を作ったり、雑草をはやしたり、楽しい体験でした(^_-)

「郷土広島と家族への愛が、新藤監督の映画作りの原点。展示とふれあい、
映画を鑑賞すれば、監督の思いをより深く感じてもらえるはず」と部谷さんが言うように
ぜひこの記念展示を見て、上映会場へGO!
会場及び上映時間についての問い合わせは同実行委事務局(☎082・545・7611)へ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【新藤兼人 百年の軌跡 記念展示は24日まで!】

広島市佐伯区出身、世界最高齢の現役映画監督、新藤兼人さん(99)が、今月22日に100歳を迎えます。それを記念して、今広島は新藤兼人フィーバー\(^o^)/映画ファンらでつく爆の子」「...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。