スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープントップバスで駆け抜ける香港の夜はアートな世界☆

香港といえば、百万ドルの夜景で知られていますが
その夜景をより身近に体感するナイトツアーもオススメです☆

honkon bas

屋根なし2階建てのオープントップバスで街中を走り、

honkon bas start

道路に突き出た無数の大型ネオン群を、
至近距離で眺めるスリルと迫力が魅力です☆

看板は、重ならないように、上手く配置され
色やデザインはバラバラなのに、

honkon kanban 1

全体的に見るとアートのように見えるのが不思議!

honkon kanban 2

頭上に迫るムーディーな看板たちも見ごたえあり(☆o☆)

不思議と言えば・・・
町のあちこちで見かける建築工事現場では、
鉄パイプや鉄板ではなく、竹で足場を組んでいます(驚)
高層建築物にも使われるのだそう。

honkon takegumi

安全面は大丈夫なのか・・・と思ってしまいますが
香港はほとんど地震がないので、竹でもOKなのだとか。

takegumi.jpg

鉄よりコストがかからないことと
軽くて運ぶのも組み立ても楽だということ
そして、高温多湿な香港では、湿気を帯びて良く締まるので丈夫なのだそう。
逆に鉄はさびやすいらしい。

竹が網のように見事に組まれている様も、アートのよう(^_-)

takegumi 2

ちなみに、竹の足場職人になるためには、専門の職業訓練校で
国が定める一定のコースを履修するのだとか。
一般の建築作業員に比べても賃金が高く、人気の職業らしいです☆
スポンサーサイト

テーマ : 香港 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。