豊臣秀吉ゆかりの「長浜八幡宮」ご利益は出世開運etc・・・

滋賀県長浜市にある「長浜八幡宮」は豊臣秀吉ゆかりの神社です。

nagahama-hatiman-gu-torii[1]

この「長浜八幡宮」と前回紹介した「豊国神社」の両宮に参拝すると
縁結び、子授け、夫婦円満などのご利益があるといわれています。

nagahama-hatiman-gu[1]


また、国の重要無形民俗文化財に指定されている、
日本三大山車祭「長浜曳山まつり」(4月14~16日開催)も、
長浜八幡宮を中心に行われます。

hikiyama[1]


ちなみに…長浜曳山まつりとは、
安土桃山時代、豊臣秀吉が長浜を治めた時から始まった祭で
秀吉が待望の男子誕生の祝いに町人に砂金を贈り、
それを基に町人たちが、12基の山車を作って
長浜八幡宮の祭礼に曳き回したのが始まりといわれています。

hikiyama-yoko[1]

山車は、“動く美術館”と呼ばれるほど美しく、

hikiyama-miokurimaku2[1]

その舞台で、5歳から12歳の男の子が歌舞伎を演じる「子供歌舞伎」が、
祭の大きな見どころです。

kodomo-kabuki-yoru2[1]

堂々とした演技、女形の愛らしい表情、長台詞もなんのそのの熱演

kodomo-kabuki-4[1]

長浜の“お子力”に感動しますよ!
長浜の街ならではの情緒とにぎわいの中で楽しむ
華麗で優雅で奥深い伝統の「長浜曳山祭」、ぜひ、一度お出かけください。

長浜市曳山博物館では、

hikiyama-hakubutukan-gaikan[1]

常時、曳山を4基収蔵し、2基ずつを3ヶ月交替で公開しています。
長浜市曳山博物館 長浜市元浜町14-8 ☎0749・65・3300)
開館時間・9~17時、観覧料・大人600円、小人300円、
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する