8月4日から鳥取県で「国際まんが博」開催~「ゲゲゲ」の妖怪ワールド編~

水木しげる、青山剛昌、谷口ジロー
著名な漫画家を多数輩出している鳥取県で、
8月4日から「国際まんが博」が開催されます。

今年11月7~11日、米子市をメイン会場に行われる
「国際マンガサミット鳥取大会」を記念し
今年は「まんが王国とっとり建国元年」!

8月4日(土)から11月25日(日)の114日間
「国際まんが博」を開催して、
鳥取で漫画やアニメを存分に楽しんでもらおう…という一大イベントです☆彡

水木、青山、谷口、3大巨匠ゆかりのスポットをはじめ
会期中は県内各地で盛りだくさんのイベントが開催されます。
一足先に、盛り上がり必至のスポットを巡って、楽しんできました(^o^)/

まずは、水木しげる先生の“妖怪ワールド”から、ご紹介します。
水木先生の故郷境港市は、「ゲゲゲ」ブームで、全国的に有名になりましたね。

米子と境港を結ぶJR境線には「ゲゲゲの鬼太郎列車」が走っています。
「鬼太郎」「猫娘」「ねずみ男」「目玉おやじ」の4タイプありますが・・・

kitaro train 4type

一番かわいいのは・・・「猫娘列車」でしょう(^_-)

ピンクの車体にキュートな猫娘☆

nekomusume train

nekomusume train 2nekomusume train 1

シートや、天井にも)^o^(   鉄道ファンならずとも心躍ります☆

境港の駅のホームでは、「鬼太郎」や「一反もめん」「ねずみ男」

sakaiminato station kitarosakaiminato station ittanmomen

「目玉のおやじ」ら、妖怪たちが迎えてくれます。

sakaiminato station medamaoyaji

駅を出ると、「水木先生」も。

sakaiminato station mizukisensei

境港駅から「水木しげる記念館」まで続く
約800㍍の通称鬼太郎ロードには

「砂かけばばあ」や、とりつかれると、やたらにアクセクしてしまう「いそがし」など

sunakake babaa妖怪いそがし (2)

139体の妖怪ブロンズ像をはじめ

水木先生が妖怪たちの故郷として落成した「妖怪神社」も。

youkai jinja torii

鳥居の横木は一反木綿。

右に見える手水舎では、目玉の親父の目が回ります。オモシロ~イ☆

youkai jinja medama-oyaji

ロードを歩けば、鬼太郎にも会えます。(手作り感がいい味を出しています☆彡)

youkai road kitaro


ほどなく「水木しげる記念館」に到着。
今春、2003年(平成15)年の開館以来、初の大改装を行い、
水木先生の90歳の誕生日、3月8日にリニューアルオープン。

記念館の外観も、以前はこんな感じ

mizuki shigeru kinenkan

今回のリニューアルで、
館名をかかげ、鬼太郎の下駄をあしらったデザインに。

mizuki shigeru kinenkan 2012

館内は、貸本作家時代から最近の作品まで、
水木先生の作品を鑑賞できる展示ゾーンに変更したり
妖怪たちが潜む日本家屋のミニジオラマを新設したり
昭和40年代の水木家の居間を、
当時実際に使用していた家具などで再現した「ゲゲゲの食卓」などを新設。

mizuki familiar

水木先生のこれまでの冒険旅行の写真や、トランクなどの愛用品
旅先で見つけたお面のコレクションなども見ごたえがあります。

中庭では、猫娘が待っていてくれました。

mizuki shigeru kinenkan nekomusume

キュートな妖怪たちと、
卒寿を迎えても、ますます元気な水木先生のパワーがあふれた境港で、
ぜひ、パワーチャージを\(^o^)/


妖怪たちと触れ合えるスポットは、境港だけじゃありません。
そこから車で約30分の米子市・皆生温泉では
妖怪ワールドに迷い込んだような臨場感がある超人気スポットがあります。
次回は、そのレポートを(^_-)
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する