コナン列車にコナン像…名探偵コナンの町~鳥取県北栄町~

「国際マンガ博」が開催中の鳥取県。
マンガゆかりのスポットが注目を集めています
今回は、「名探偵コナン」の生みの親
青山剛昌先生の故郷・北栄町をリポートします。

「国際マンガ博」開催に合わせて、
北栄町の由良駅を通る「コナン列車」が今春仲間入りしました。
JR鳥取-米子間をつなぐ2両編成の快速・普通列車で、

コナン列車②

1日4~5往復程度運行(運行状況は「まんが王国とっとり」公式サイト参照)。
駅舎も、待合室のベンチ、天井、ホームまでコナン一色に彩られています。

由良駅
由良駅 天井
切符自動販売機
由良駅ホーム休憩室
ホーム階段

同駅から、コナンワールド「青山剛昌ふるさと館」まで続く
約1.4㌔㍍のコナン通りには、新一&蘭の2ショットなど13体の銅像や

真一 蘭 像

こんな感じのモニュメントが30基点在しているので、

コナン モニュメント

探しながら歩くのも楽しいですよ。

駅前の地図を見れば、迷わず歩けます。

駅前 地図

コナン通りのほぼ中央にあたる「コナン大橋」にも
欄干にコナン君

コナン橋 欄干
コナン大橋 欄干

レリーフも

コナン橋 レリーフ

6体のオブジェと4種のレリーフが設置されています。

「青山剛昌ふるさと館」では、

ふるさと館

同館の前には、少年探偵団が勢揃い。

コナン像 ふるさと館

入場チケットは、オシャレな3タイプ。

入場チケット ふるさと館

館内は、青山先生の少年時代の思い出の品や
「名探偵コナン」に登場する発明品、トリックが体験できるコーナーがあります

このスケボーに乗ると
ふるさと館の周辺の映像が出てきて、町を巡っているような気分になれます。

スケボー

蝶ネクタイの変声機も(^◇^)

蝶ネクタイ型変声機

また、「国際まんが博」のイベントとして、9月2日まで(10時~17時30分)
コナン大橋すぐそばの「出会いの広場」で、
コナンをテーマにした「巨大迷路」が開催中です(大人500円、子ども300円)。

青山剛昌ふるさと館(☎0858・37・5389)
▽入館料 大人700円、中高生500円、小学生300円
▽開館時間 午前9時30分~午後5時30分、無休
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する