スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光東照宮

大河ドラマ「平清盛」で、宮島の厳島神社、音戸の瀬戸など、
清盛ゆかりの地が注目を集め、盛り上がっています。
(また、後日そのレポートをアップしますね)

大河ドラマの舞台となるスポットは、毎年取材で訪れています。
その中から、オススメのパワースポットをご紹介してまいります。

まずは、徳川家康を祀る日光東照宮です。
鮮やかな社殿群に心を奪われる境内の中でも、目を引くのは。
日本を代表する美しい門「陽明門」。
youmei-mon.jpg

500以上の彫刻が施されているそうです。迫力があります。
拝殿で参拝した後は、
家康公の墓所「奥宮」にも参拝しましょう。

nemurineko.jpg

左甚五郎作の眠り猫の下を通って
nemuri-neko2.jpg


坂下門をくぐり、
sakasitta-mon.jpg


石段を約200段上ると奥宮です。
tousyogu isidan

長い石段は、東照宮の建築の見どころの一つ。
石段は一段ごとに、一枚石を使い
石柵は、一本石をくりぬいて作られたものです。


奥宮拝殿は、建物全体が銅版で包まれ、その上に黒漆が塗られた
落ち着いた雰囲気の社殿です。
okumiya haiden


その奥に、家康公の御宝塔(御墓所)があります。
清々しい気に満ち溢れてた神域です。
okumiya gohoutou


順路に沿ってまわりを歩いていると、「叶杉」があります。
樹齢約600年のこの杉のほこらに向かって
願い事を唱えると叶うと伝えられています。
kanae-sugi.jpg


最近は、パワースポットとしても有名になった日光東照宮ですが
奥宮とともに、強力パワースポットは
唐銅鳥居の中にすっぽりと陽明門が治まって見える場所と言われています。
そこに立って、よい気を吸収して、家康公のパワーにあやかりましょう。

nikkou tousyougu PS

夜になると、その真上に北極星が輝きます。
日光東照宮は、星たちが取り巻くように巡る北極星を
真後ろに控えて立っているのです。
つまり、北極星を背負う真北の聖地から、東照大権現として祀られた家康が
江戸城を守るために創建されたというわけです。


すぐ近くの日光二荒山神社、家光公が祀られた日光山輪王寺「大猷院」の
二社一寺参りもオススメです。
(そのレポートは、また後日)
パワーチャージの旅に出かけてみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。