スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「運と美を磨く 島根“雲南”の旅~稲田神社編~」

運と美を磨く 島根“雲南”の旅

今回は、ヤマタノオロチ退治の舞台となった神話の町として有名な
島根県奥出雲町にある稲田神社をご紹介します。

稲田神社

境内は、木々の緑に囲まれ、いい気に満ちています。

この神社は、ヤマタノオロチ退治の末、
須佐之男命(スサノヲノミコト)の正妻となった
櫛名田比売命(クシナダヒメ)(=稲田姫とも言われます)を祀る神社です。

静かで厳かな雰囲気の拝殿で参拝しましょう。

稲田神社 拝殿
参拝は、二礼二拍手一礼の作法で。
お願い事は、まず、神様に心の中で自己紹介して、
感謝の気持ちを伝えた後で行いましょう。

ここで、ヤマタノオロチ伝説を簡単に紹介しましょう・・・
ヤマタノオロチとは、8つの頭と8本の尾を持ち、
目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、
腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大な怪物。

足名椎命(アシナヅチ)・手名椎命(テナヅチ)夫婦には8人の娘がいましたが、
毎年やってくる、この怪物に食べられてしまい
今年は、最後に残った末娘のクシナダヒメ
いけにえにされそうになっていました。

そこに現れたのが、粗暴な行為をしたため高天原を追放された
スサノヲノミコト
クシナダヒメをに変えて髪に挿し、ヤマタノオロチを退治します。
その後、彼女を娘の姿に戻し、彼女と暮らす場所を求めて
須賀の地へ行き宮殿を建てました。
それが雲南市にある「須我神社」。(次回、ご紹介します)

ですから、ご利益
縁結び、良縁成就、夫婦円満、子授・安産など。

その神話にちなんで、絵馬は櫛形になっています。

稲田神社 櫛絵馬

「いいな~」と感じる神社を参拝したら、絵馬を書くことをオススメします。
自分の願いや目標が明確になりますし
きっと、神様が背中を押してくださるでしょう。

そして、縁結びの御守は、柘植の櫛が入っている「姫御守

稲田神社 櫛入り御守

上品なピンクと水色でステキです。

おみくじも引いてみましょう。
「今の私にメッセージを」と言う気持ちで、ひきましょう
この神社では、ちょっとレトロな感じのおみくじ機?で、どうぞ!

稲田神社 おみくじ

このおみくじ機が設置されているのは、
「姫のそば ゆかり庵」というお蕎麦屋さんです。
そう、この神社には、境内にお蕎麦屋さんがあるんです。

姫のそば ゆかり庵

社務所内をお店にして、昨年オープンしました。

ゆかり庵 店内

ゆったりとした和風の雰囲気で落ち着けます。

迎えてくれたのは、笑顔が素敵な岩沢彩子さん。

ゆかり庵 店長

「クシナダヒメと結婚後のスサノオノミコトは
英雄への道をあゆんでいきます。
クシナダヒメは、危機一髪のところを救われた超ラッキーガールであり
夫を出世させた強運の持ち主なんですよ」と話してくれました(*^。^*)

クシナダヒメにあやかりたく、頂いたのは「そば御膳」。

ゆかり庵 ひめ御膳

割子そば(3枚)。奥出雲町産のそば粉100%の十割そばです。
コシがあって、とても美味です。
それから、仁多米のおむすび、青大豆の豆乳
地元の野菜を使ったお惣菜に、デザート付きで1200円。
リーズナブルな価格設定も嬉しいです。

庭には、スサノオノミコトとクシナダヒメらしき石像が。

ゆかり庵 庭 スサノオノミコト像クシナダヒメ
 
下膨れのお顔が愛らしい姫と同じポーズで、記念撮影☆
気分は、すっかり「姫」?なのでした。

ゆかり庵 庭 稲田姫

運気アップ&女子力アップにオススメの「稲田神社」です。

【稲田神社】島根県仁多郡奥出雲町稲原354 ☎0854-54-2260
【姫のそば ゆかり庵】稲田神社境内 ☎0854・52・2560
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。