スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツの秋!阿蘇の大草原で乗馬体験☆エルパティオ牧場編その1

今回の旅のテーマは「スポーツの秋」。
訪れたのは阿蘇山の周囲120㌔㍍に及ぶ外輪山の一角にある
エル・パティオ牧場」(熊本県阿蘇市)。

EL PATIO RANCH form

広大な草原で乗馬体験してきました!
trekking 2

エルパティオ牧場の広さはなんと30万坪。
Yahooドーム14個分の広さ\(^o^)/
青空の下、見渡す限りの大草原。360度の大パノラマは圧巻です!

prairies.jpg

馬場からも、阿蘇五岳が眺められます。

EL PATIO RANCH riding grounds

馬場では、ジーンズ姿のスタッフが、「ピーター」「グッチ」と
ニックネームで呼び合っています。
大草原で颯爽と馬を走らせる姿はカッコイイの一言!

abarenbo syogun

そう、もはやここは日本ではありません。
西部開拓時代のアメリカ“カウボーイの世界”なんです。

EL PATIO RANCH

乗馬スタイルはウエスタン。

cow boy world

ヨーロッパに端を発するブリテッシュと違い、
乗馬用ヘルメットやジョッパーブーツ、手袋などは不要。
動きやすい服装ならOK。カジュアルな雰囲気で気軽に乗馬が楽しめます☆

今回は、ベテランスタッフの指導で、1泊2日で駆足までマスターできる
ファームステイ(泊まり込みの乗馬教室)」をリポートします。

秋晴れの昼下がりに到着。まずは、レストランで、ランチを頂きました。

resutaurant.jpg

メニューはいろいろありますが、
オススメはボリューム満点なハンバーガー

hamburger.jpg

今の季節なら、テラスで食べるのいいですね。

terrace.jpg

ひと休みした後、レッスン開始!
厩舎には個性豊かな馬が38頭。皆、やさしい目をしています。

with BL

今回のステイで指導してくれたメルさんに連れられて
馬場にやってきたのは、
スマートなサラブレッドで名前はサナバガン(通称「ガン」)。

mel.jpg

他の馬よりも一回り大きくて、乗るとかなりの高さ。
普段の視界とは異なる世界が広がり、気持ちいい~(^◇^)

lesson 1

まずは、馬場で、基本的な馬の操作方法を習います。

lesson 2

ちょっとだけ駆け足も☆彡

lesson 3

約20分、馬場でのレッスンの後は、いきなりトレッキングに出発☆
「えーっ、そんなに早く?」と戸惑っている間にも、
メルさんのリードで、どんどん前進するガンちゃん。
約40分間「アパッチコース」と名付けられた草原のコースをトレッキング。
馬場での引き馬では味わえない圧倒的な開放感なのでした。

japanese panpas grass MEL

続きは、次回のトレッキング編で。

◇株式会社アイランドリゾート阿蘇「エルパティオ牧場」 
熊本県阿蘇市一の宮町三野2305ノ1 ☎0967・22・3861
スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。