スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鏡の池」で良縁を占う「八重垣神社」(島根県松江市)

初詣おすすめ神社シリーズ③は、島根県松江市の八重垣神社です。

八重垣神社

神話「八岐大蛇(やまたのおろち)」で、
大蛇を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)と稲田姫(いなたひめ)が
居を構えた場所であることから、縁結びの神社として知られています。

八重垣神社 拝殿

須佐之男命と稲田姫の伝説が息づくこの神社は
着物姿の縁結び娘さんが、無料でガイドしてくれます(嬉)

縁結びガイド

1日5便、1回約30分。予約は不要です。

無料ガイド看板

境内には、椿の木が多く、その中でも夫婦椿と呼ばれている3本は
地面から二本の木が出て、地上で一本になっています。
愛の象徴として、神聖視されています。

1夫婦椿 
乙女椿
子宝椿


本殿後方の奥の院の森は、幽玄な雰囲気です。
須佐之男命が八岐大蛇から稲田姫を守るため
大杉を中心に八重垣を造って稲田姫を隠した場所。
それが神社の名前の由来です。

稲田姫が、日々水を飲んだり、姿を映していたと伝えられる「鏡の池」
良縁を占う池として、女性に大人気です。

占いの池 八重垣神社

社務所で、占いの紙(100円)を購入し
紙の上に十円玉か百円を乗せて池に浮かべます。

紙には、文字が書かれていて、
水に濡れるとその文字がくっきりと浮かび上がります。

占い結果 信念

「恋占い」の池として知られていますが、
恋愛だけでなく、さまざまな縁を結んでくれます。

占い結果 金運

古来からの言い伝えで、紙が15分以内に沈めば、良縁が早く訪れ
30分以上かかると縁が遅いといわれています。

占いの池 その2

さらに紙が自分より近くに沈めば、近くに縁が
紙が遠くで沈めば、遠くに縁があるともいわれています。
また、この池に住むイモリが紙をつついいたり
紙をつかむとさらに良縁に恵まれるといわれています。

椿をデザインしたお守りもかわいい。

椿 御守

「縁結びの糸」もご利益ありそうです(^_-)

縁結びの糸
縁むすびの糸 中身

絵馬もステキです。

八重垣神社 絵馬


八重垣神社 松江市佐草町2270852-21-1148
アクセス 松江駅より「八重垣神社」行きバスで約25分終点下車すぐ
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。