姫路城のすぐ近く、いやしのお宿「Himeji 588 Guest House」

旅のスタイルに合わせて、いろいろなタイプのお宿に泊まるのは、旅の醍醐味ですね。
今回は、女性オーナーのもてなしが温かく楽しく
一度泊まるとハマってしまうゲストハウスをご紹介しましょう。

その名は「Himeji 588 Guest House(ヒメジガハハゲストハウス)」。
世界遺産・国宝である「姫路城」近くの本町商店街にあります。
(姫路駅から歩いて8分、姫路城へは5分)

ヒメジガハハゲストハウス

ネーミングも看板もユニークで楽しそう(^◇^)

ちなみに、ゲストハウスとは・・・
簡単に言えば、比較的安く(アメニティサービスなどを省いた素泊まりで3000円前後)
泊まれる簡易宿泊施設。
バックパッカーと呼ばれるバック(リュックサック)一つで
世界を旅する旅行者の利用が多く、国際色豊かな旅人の交流の場でもあります。

「ねねやん」の愛称で親しまれているオーナー・松岡京子さんも
かつてはゲストハウスを利用しながら世界各国を旅したバックパッカーでした。
「安く泊まれるだけじゃなく、いろいろな国や職業の人たちとの出会いが楽しかった。
そんな毎日が過ごせたらいいなと思って、一昨年11月にオープンしました」

カフェとねねやん

元は食堂の物件と巡り合い、約1年かけて大改造。
旅人同士のみならず、地元の人達との触れ合いも楽しめるようにと、
1階にカフェを併設し、2階が宿泊の部屋になっています。

2階ドミトリー

インテリアや小物など、館内随所に 
ねねやんのセンスやこだわりが感じられます。
洗面台の人形もかわいい。

洗面台の人形

中でも目を引くのは
「モロッコの雑貨店などで買い集めていたランプを、各所に付けた」という
エスニックテイストのオシャレな照明。
また「タイルが好きで、以前、アラビア雑貨店で買っていたモノを貼った」という
トイレの壁は、アート作品のよう。

トイレのタイル

そんな手作り感あふれる空間が、何とも居心地がよいのです。

基本的には素泊まりの宿ですが、1階ラウンジでは数々のイベントを開催

英語も堪能なねねやんの元には、世界各国から旅人が訪れます
そし、集まった人たちが、瞬く間に友達に☆
訪れるたびに交流の輪の広がる「ガハハハウス」おすすめのお宿です。

Himeji 588 Guest House(ヒメジガハハゲストハウス) 
姫路市本町68 本町商店街内、☎079・283・2588
▽宿泊料金 相部屋(男女別)1人1泊2700円/
        個室1人利用1泊3500円・2人利用1泊6000円・3人利用9000円
予約は電話かメールで。メールアドレスはinfo@himeji588.com
アクセスなど詳しくはHPを見てくださいhttp://himeji588.com/
スポンサーサイト

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する