純和風の姫路のゲストハウス「縁楽堂(えんがくどう)」で楽しいご縁を!

姫路のもう一つのゲストハウス「縁楽堂(えんがくどう)」をご紹介します。

姫路初のゲストハウスで、2011年7月にオープン。
姫路城に歩いて数分の場所にあります。
昔は足軽が住んでいたという古民家を、
「ジャイアン」の愛称で呼ばれるオーナーの長谷川洋さん自ら改築した
純和風2階建てです。

縁楽堂 外観

縁楽堂 看板

縁楽堂 宿泊部屋

国内外を旅したバックパッカーだったジャイアン。
ゲストハウスの経営は、旅好きが高じてということですが、
直接的なきっかけは3・11東日本大震災。
「何が起こるかわからないから、楽しいことをしていきたい。
そして、何かがあった時には、縁がある皆で集まれる場所を作りたかった」
その思いは「縁楽堂」のネーミングにも表れています。

「幕末の時代が好き」で、
人生のテーマは、高杉晋作の「おもしろきこともなき世を おもしろく」。

宿泊客と談話室のコタツで話し込んだり、
中庭のスペースで、お酒を酌み交わしたり、

縁楽堂 いやしのスペース

元居酒屋の店長だった経験を生かして、
リクエストがあれば、料理の腕も振るってくれます。

「自分の家のように、くつろいでほしい。
でも、テレビはありません。見ていたら“縁”はつくれないから」。
ごもっとも☆

バーチャルな世界が氾濫する昨今、
生身の人間の交流が楽しめ、友達の輪が広がるゲストハウスで
おもしろき縁をつないでみませんか?

ゲストハウス 縁楽堂(えんがくどう) 姫路市柳町8ノ2、☎0792・60・7373
▽宿泊料金 相部屋(男女別)1人1泊2500円/
個室シングル1泊3000円・ツイン1泊1人3000円。
予約はメールで。メールアドレスは、info@engakudou.com
アクセスなど詳しくはHP参照 http://www.engakudou.com/

スポンサーサイト

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する