スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の冬の旅 美味しい情報~天喜・俵屋吉富~

京の冬の旅定期観光バス特別コースには
老舗料亭での昼食とティータイムの抹茶と和菓子もついています。

NHK大河ドラマ「八重の桜」の放映を記念した
「ハンサムウーマン・新島八重の足跡をたずねて」の昼食は
京懐石に初めて天ぷらを取り入れた西陣の名店「天喜(てんき)」
店内は“鰻の寝床”として知られる京町家の佇まい。趣きがあります。

天喜

檜や北山杉を使った贅を尽くした数寄屋造りの空間で、ゆったりと食事が楽しめます。

中央市場への日々の買い付けのほか、
明石、山陰の漁場から直接仕入れた生でも食べられる新鮮な魚介類に、
地元の提携農家から取り寄せた京野菜など、
素材にこだわった天ぷらと京料理の“共演”は、目にも美味しく、上品な味わいです。

天喜 料理

天ぷらは、バスの到着に合わせて揚げるため、
熱々サクサクの揚げたてが出てくるのも嬉しい限り。

ティータイムは、宝暦5年(1755年)創業の京菓子の老舗「俵屋吉富」
ドラマにちなんだオリジナルの菓子「八重桜」の製作実演を間近で見学できます。

菓子実演

その後、抹茶と共に味わいます☆

俵屋吉富 菓子「八重桜」

こちらも上品な甘さで、おいしゅうございました。

同店3階にある京菓子資料館では、
職人技と和の心が感じられる芸術的な創作菓子も鑑賞できます☆

詳しくは京の冬の旅定期観光バス特別コースHP参照
スポンサーサイト

テーマ : グルメ♪食の記録 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。