スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“神々と暮らす港町”美保関 その3 灯台ビュッフェ

出雲大社との両参りでご利益倍増の「美保神社」に参拝する旅 その3は
美保関(島根県)のお勧めのレストランをご紹介します。

島根半島最東端の丘の上にある灯台ビュッフェです。

mihonoseki todai

「世界灯台百選」に選定された
「美保関灯台」の灯台守の宿舎だった建物を利用した
カフェレストランです。

mihonoseki todai 2

オーナー夫妻が作る、新鮮な地魚料理や
(イカめしや、魚の旨みがギュッと溶け込んだシーフードカレーなどなど)

mihonoseki todai menu

晴れた日には隠岐諸島までも見渡せる抜群のロケーションに魅了されます。

mihonoseki todai 4

また、展示されている灯台の初代レンズ
木下惠介監督の映画「喜びも悲しみも幾年月」のレンズ磨きのシーンに使われました。
ちなみに、現在公開中の映画「はじまりのみち」で当時の映像を観ることができますよ。

mihonoseki todai syodai renzu


すぐそばには、整備された遊歩道の入口があり

yuhodo iriguti

民謡にも唄われた「関の五本松」へと続くウォーキングコースになっています。
1時間半から2時間、程よいアップダウンが気持ち良く、
ウォーキング初心者でも大丈夫。ぜひ、チャレンジを!


美保関灯台ビュッフェ
〒690-1501  島根県松江市美保関町美保関1388-10  ☎0852・73・0211

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。