スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮島を訪れたなら、もみじ饅頭手焼き体験!

広島県デスティネーションキャンペーン取材で訪れた宮島
広島銘菓の代表格「もみじ饅頭」の手焼きを、体験してきました。

teyaki taiken

宮島桟橋から歩いてすぐ、
「みやじまん工房」の愛称で親しまれている「宮島伝統産業会館」

miyajiman kobo

1階は、宮島細工など伝統工芸品の展示、販売が行われています。

miyajiman kobo 1F

手焼き体験は、その2階で実施しています。

miyajiman kobo 2F

エプロンを付け、一通りの説明を受けたら、即実演。
もみじの形が2つ並んだ焼き型をじっくりと温め

yaki ki

油をひき、卵、砂糖、小麦粉を配合した生地を流し入れます。
そこに、上品な甘さのこしあんかチョコをのせ
(受付時に選べます。写真はチョコです)

yaki ki choco

さらに上から生地をかけ、
蓋をして30秒ごとに4回焼き型を回転させたら出来上がり。

momijimanju kansei

誰でもできるシンプルな作業ながら楽しく、テンションが上がります。
ビミョーな焼きムラは、ご愛嬌。

kansei.jpg

思った以上の出来栄えに、大満足!
出来立ての香りと共に、その場で味わうもよし、
自動包装機でラッピングすれば立派なお土産に。

momiji manju

帰りには、「手焼きの技の修得」を証明する記念カードももらえて
735円はリーズナブル。体験は要予約(当日でも空きがあれば可)。
ちなみに、同館3階では杓子作りなどの体験もできます。

予約、問い合わせは宮島伝統産業会館☎0829・44・1758へ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。