スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑の今夏、一押しのレジャー「イカ釣り体験」(山口県長門市)

暑い…尋常じゃない暑さです(@_@;)
酷暑の今夏、お勧めのレジャーをご紹介しましょう。
それは「イカ釣り体験」。

FB イカ釣り

山口県北西部にある長門湯本温泉の宿泊者限定ツアーです!
長門市沖は、日本屈指のイカの水揚げ量を誇る好漁場。
“イカの女王”とも呼ばれる肉厚で柔らかな「ケンサキイカ」を釣り、

ika.jpg

船上で味わえるんです(^◇^)

お宿でゆったりと温泉につかり、夕食をすませた午後7時半、
釣り船が待つ仙崎漁港に車で向かいます(送迎あり)。

そう、イカ釣りするのは夜
暑さもおさまり、紫外線対策も必要なし!
釣り具などは全て船に用意されているので、手ぶらでОK
(嬉)

オレンジ色のライフベストを着用し

ikaturi syupatu

午後8時、いざ出発!

海風に吹かれ、キラキラゆらめく幻想的な漁火を眺める
感動的なナイトクルーズで、イカ釣りポイントへ。
ちなみに、「イカ釣り」は、特別な技術が必要なく、
誰でも気軽にチャレンジできます。
しかも、熟練者が常に大漁とは限らず、
ビギナーズラックが十分に期待できるのも面白いところ☆

仕掛けの付いた釣り糸を、

ikaturi turigu

約50㍍下の海底に下ろし、
時折しゃくりながら、ググッと手ごたえを感じたら引き上げるというもの。
同行の友人のAさん。初めてなのに、サマになってます。

ikaturi shakuri

ナビゲーターの山内さんにコツを尋ねると
「イカの気持ちになることが一番」と。
えぇーーー(?O?)身体をくねらせることくらいしか思い浮かばないまま、
釣り糸をたらしていると、
「釣れた!」「ヤッター!」とあちこちで歓喜の声。

続いて、Aさんも「あっ!キター」と見事ゲット!
成功者たちは「イカに念を送った」とか「精神統一が決め手」とか
集中力の勝利」とドヤ顔。

ika oomono

どんどん吊り上ります。

ika aka shiro

赤と白、2種類のイカ?・・・ではなくて、興奮すると赤くなるだそうです。

そして、ついにワタクシも…(^_^)v

ika get!

・・・と いきたかったのですが・・・
この写真は、Aさんが釣ったイカで記念撮影させてもらった一枚です(^_-)

焦る気持ちが、釣り糸に伝わるのか、
引き上げた糸がもつれたり、海にたらした糸が流されたり…(――;)
何度も船長の荒川英治さんにほどいてもらいm(__)m
「その時のイカの好みもありますから」と励まし(?)ても頂いたのですが
結果はボウズ(T_T)

Aさんが釣った2杯のイカを船上で味わい、

ika senjyo shisyoku

濃厚な甘みに感動しながらも、密かにリベンジに燃える夏の夜でした。

ツアー実施日など問い合わせ・申し込みは
長門市観光コンベンション協会(☎0837・22・8404)へ。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。