「うんなんオロチ街道フェア」開催中!  酒蔵がある道の駅編

「うんなんオロチ街道フェア」開催中(5月末まで)の
島根県雲南エリア・奥出雲町の「道の駅 酒蔵奥出雲交流館」は
道の駅としては珍しく、敷地内に造り酒屋があるんです(^◇^)

駅舎は、酒蔵をイメージ。

道の駅 奥出雲酒造

館内には、個性的なお酒がずらり。

奥出雲酒造 館内

昼夜の寒暖の差により旨みをたっぷり蓄えた奥出雲町産のお米を使い、
林野庁が定める“水源の森百選”にも選ばれた玉峰山の伏流水で仕込んでいます。

華やかな香りとキレの良い辛口の大吟醸「仁多米」は
全国新酒鑑評会で金賞を受賞☆\(^o^)/

金賞受賞 仁多米

島根県産の山椒の実をつけこみ
爽やかな香りが 魚料理に合う「山椒焼酎うおへん」。

山椒焼酎 うおへん

燗酒にオススメは、「本醸造 消防団」

日本酒 消防団

ユニークなネーミングで(^◇^)ラベルもオシャレ!

そして、ここは松本清張作の不朽の名作「砂の器」の舞台となった亀嵩。
(そばには、美人の湯として知られる「亀嵩温泉 玉峰山荘」があります。日帰り入浴できます)。
それをネーミングした「米焼酎 亀嵩」は、ロックでどうぞ!

米焼酎 亀嵩

駅長の眞田彰さん=写真=の今春のオススメは、甘酒の「さくら色」です。
砂糖を一切使わず、お米とこうじからの生まれる天然の甘みが特徴。
ノンアルコールなので、ドライブの運転にも問題なし!
定番は、プレーン、抹茶・ココアの3タイプ。
古代米でほのかな赤みを付けた「さくら色」は、売り切れ御免の今春の限定販売です。

奥出雲酒造 甘酒

さらに、「旨い肴」コーナーには、全国選りすぐりのお酒のおつまみが揃っています。

旨い肴コーナー
旨い肴コーナー2

眞田さんのこだわりで、3ヶ月ごとに新商品が登場します!

お酒は試飲可能。酒蔵の見学もOK(要予約)。

4月13~15日の三日間は、「酒蔵参観日」と題したイベントを開催。
蔵の見学、利き酒、限定酒販売、酒粕詰め放題、限定グルメも楽しめます。

また、GWの4月28日から5月6日は
仁多米のおにぎりの試食、焼きサバ、笹寿司、漬物、舞茸などを販売します。

◇道の駅酒蔵奥出雲交流館 
仁多郡奥出雲町亀嵩1380ノ1(☎0854・57・0888)
営業時間8~19時、無休
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【島根県・雲南エリアで「うんなんオロチ街道フェア」が開催中  酒蔵がある道の駅編】

「うんなんオロチ街道フェア」開催中(5月末まで)の島根県雲南エリア・奥出雲町の「道の駅酒蔵奥出雲交ては珍しく敷地内に造り酒屋があるんです(^◇^)駅舎は、酒蔵をイメージ。

まとめteみた.【島根県・雲南エリアで「うんなんオロチ街道フェア」が開催中  酒蔵がある道の駅編】

「うんなんオロチ街道フェア」開催中(5月末まで)の島根県雲南エリア・奥出雲町の「道の駅酒蔵奥出雲交ては珍しく敷地内に造り酒屋があるんです(^◇^)駅舎は、酒蔵をイメージ。

まとめteみた.【島根県・雲南エリアで「うんなんオロチ街道フェア」が開催中  酒蔵がある道の駅編】

「うんなんオロチ街道フェア」開催中(5月末まで)の島根県雲南エリア・奥出雲町の「道の駅酒蔵奥出雲交ては珍しく敷地内に造り酒屋があるんです(^◇^)駅舎は、酒蔵をイメージ。