スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“幸せオーラ”に包まれる「シャガール展」 広島県立美術館で開催中!

広島県立美術館で開催中(12月25日まで)の
「シャガール展~こんなシャガール見たことない!~」
行ってきました。

シャガール展 美術館

20世紀を代表する画家の一人マルク・シャガール(1887-1985)
カップルやバイオリン、魚、動物が宙を舞う独特の世界と
鮮やかな色彩が魅力です。

シャガール展 チラシ

“こんなシャガール見たことない!”のタイトルにふさわしく
今展では、パリ・オペラ座の天井画をはじめ、
フランス各地の教会を飾るステンドグラスや舞台装飾、
陶芸、彫刻、タピスリーなど、
絵画にとどまらず多彩な分野に及んだ作品を堪能することができます。

中でも、印象的なのは、パリ・オペラ座の天井画の下絵の数々
(左が実際の天井画/右が下絵 今展チラシより)

オペラ座の天井画

オペラやバレエに登場するモチーフが
楽しそうに舞い踊っています。
舞台と天井が共鳴し合う劇場を訪れてみたくなったら
4面にリアル映像が映し出されるコーナーへ。
臨場感たっぷりで(☆o☆)
まるで、降り注ぐ幸せオーラに包まれる感じ\(^o^)/
ぜひ体感を!

ステンドグラス

こちらは、メッス大聖堂北回廊薔薇窓の試作(今展チラシより)
かわいらしく、思わず顔がほころびます(^◇^)

こうした公共空間を飾るモニュメント手掛けたのは
第二次世界大戦後の後半生で
60歳を超えても、巨大なスケールの作品に挑み続けた旺盛な制作意欲に敬服。
年齢を重ねてもピュアでありつづけたにちがいない…と思ってしまうほど
邪気のない明るい色調の作品の数々とふれあい
幸せ気分になれる展覧会です♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。