スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワスポ巡りにピッタリ!快速バス「国宝MuSuBuくん」~松江市~

松江城天守の国宝指定を記念して、
国宝つながりで・・・
パワースポットとして名高い国宝・神魂(かもす)神社を結ぶ
快速バス「国宝MuSuBu(むすぶ)くん」が人気を集めています。
(11月29日までの土日祝日限定で運行)
松江城 縦神魂神社 本殿 

2013、14年に松江城と八重垣神社を結ぶ同様の便を運行していましたが
今年は、本殿が日本最古の大社造りで国宝の「神魂(かもす)神社」まで
ルートを伸ばして運行。

新ルートは、松江城~松江駅~八重垣神社~風土記の丘~神魂神社で
所用時間約35分。復路はカラコロ工房も経由します。

パワースポット巡りにもピッタリのルートです\(^o^)/

松江城では、天守閣1階の柱にあるハートの木目と

松江城 ブログ ハート

石垣の中にあるハート形の石 を見つけましょう☆

P1100680.jpg


八重垣神社では、鏡の池に紙を浮かべて御縁占い☆

鏡の池占い
鏡の池


カラコロ工房では、一緒に写真を撮ると幸せになるという
ガーデンテラスの「ピンクの幸運のポスト」で写真撮影して
大切な人に手紙を送りましょう。
受け取った人にも幸運が運ばれると言われています。

ピンクポスト


快速バス「国宝MuSuBu(むすぶ)くん」
料金は大人330円、小学生以下は170円。
詳しくは松江市交通局のHP参照

北京の旅~世界遺産「明の十三陵」の御利益スポット編~

北京郊外にある世界遺産で
明代十三人の皇帝とその皇后が眠る墓「明の十三陵」。
公開されている「定陵」を訪れました。

定陵

定陵 その2

明朝第十三代の皇帝と2人の皇后の合葬墓で
十三陵の中で初めて地下宮殿が発掘されました。

その地下宮殿に入ると…

地下宮殿入口

棺や副葬品が置かれた棺床に、

紙屑の山?

紙屑の山?が…と思ったら

お札の山

お賽銭?のお札の山でした(驚)

そして、奥の「金井」と書いてある手前の窪みにコインが入ると

棺床と金井

お金持ちになれるとかで、早速トライ!成功しました\(^o^)/

明の十三陵 ご利益スポット

後で調べてみると、あの窪みには穴が開いていて
魂が地下を通って昇天するという、
この世とあの世の通り道とのこと。

金井

そこにコインを投げ込んで良いものか。。。
魂の通り道をふさいでしまうのではないかしら。。。と
気にするのは繊細な日本人だけ???
まっ、郷に入っては郷に従えということで、定陵を訪れたら、ぜひチャレンジを!

「鏡絵馬」と「美人水」で美人祈願!~河合神社(京都市)~

21年に一度の式年遷宮により、さらにパワーアップした「下鴨神社」。
広大な境内には、ご利益スポットがいくつもありますが
特にキレイになりたい女性にお勧めしたいのは摂社の「河合神社」です。

河合神社 看板

河合神社 鳥居

中門の看板には「女性守護 日本第一美麗神」と記されています。
ご祭神は女性の守護神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)です。

中門

拝殿

美人の神様にあやかれるよう「鏡絵馬」で美人祈願しましょう。

描き方

手鏡の形をした「鏡絵馬」を自分の顔に見立て
日頃使っている化粧品でお化粧をします。

自分の化粧品で

「キレイになれますように」との願いを込めながら
開運夏メーク完成!口角はキュッと上げましょう。

鏡絵馬

裏面には、願い事と名前を書いて
本殿前にある鏡に自らの姿を写し、美しくなれるよう祈願して奉納します。

奉納された絵馬は、様々な思いが込められた傑作揃い!

鏡絵馬いろいろ



参拝後は、境内の売店で「かりん美人水」を頂きましょう。
境内の「葵の庭」に植えられている
カリンの木から採れたカリンと、大炊殿に湧く御神水を使って
作られた、ありがたいドリンクです。

かりん美人水

カリンは、昔から食用や薬用、芳香剤として親しまれている果実。
抗酸化作用の強いビタミンC、タンニンなどが豊富に含まれ
美肌・美白効果、疲労回復、便秘解消、むくみ予防など
美容と健康に効果大!

お土産には、カリンの「美人飴」を買って、

美人飴

お友達にも“お福分け”してあげれば完璧!
心もキレイな美人になれるはず~(^_-)☆

21年に一度の式年遷宮で、ますますパワーアップ「下鴨神社」

毎月第2木曜日は、スイスイがモクモクと取材した記事が出る日
・・・ということで、読めば運気が上がる「開運の旅 早乙女翠」が
8月13日(木)中国新聞SELECTに掲載されました♪

セレクト下鴨神社

今回は、21年に一度の式年遷宮を記念し、本殿などが
今夏(9月30日まで)特別公開中の世界遺産「下鴨神社」編。

元々強力なパワースポットとして有名ですが
今年4月、ご神体が修復を終えた本殿にお戻りになる正遷宮が行われ

下鴨神社 本殿その2

さらにパワーアップしています\(^o^)/

また、式年遷宮記念イベントとして、
俳優の井浦 新さんの写真展「御生 Miare」が神服殿で開催中。
井浦さんのナレーション付き映像も見ることができます。

京の夏の旅定期観光バス「世界遺産のお社と京の町家をたずねて」
利用がオススメ!
10月に正遷宮を控えた上賀茂神社にも参拝できます。
9月30日まで毎日運行。
問い合わせは京都定期観光バス予約センター☎075(672)2100。

強力パワースポット「香取神宮」(千葉県香取市)で夏越の大祓☆

東国三社の一つで関東の強力パワースポットとして知られる
香取神宮に参拝してきました。

茅の輪


荘厳な雰囲気漂う神社です。

石の鳥居


朱色の楼門をくぐると

朱色の楼門


境内の拝殿前には、茅草で作られた大きな輪「茅の輪」が設けられていました。

夏越しの茅の輪


神社では、毎年6月と12月に病気や災いを避ける為の神事
大祓(おおはらえ)が行われます。
特に、夏の大祓は “夏越(なごし)の大祓” と呼ばれます。

紙の人形(ひとがた)に息を吹きかけ体をぬぐい
知らず知らずのうちに犯した半年間の罪・けがれを移し
境内に設けられた茅の輪(ちのわ)を八の字に3回まわります。
人形は6月30日の大祓式でお祓いして頂きます。

スッキリしたところでパワーチャージを!
強力パワースポット香取神社の境内で
最も強いパワーを発しているのは「要石」

要石

このあたりは昔から大変地震が多く、その原因を人々は、
地中に大きなナマズが住み着いて荒れ騒いでいるのだと考え
地中に深く石棒を差し込み、大ナマズの頭を押さえつけて
地震をおさめたと伝えられています。

要石 アップ

思ったよりかわいらしい石ですが、地上に顔を出しているのは一部で、
貞享元(1684)年、水戸光圀公が参拝の折、
これを掘らせましたが、根元を見ることが出来なかったといわれています。

ちなみに、東国三社の一つ鹿島神宮には凹形の要石があり
大ナマズの尾を刺して押さえているとか。

このところ地震が気になりますが
両神宮で大ナマズの頭尾をしっかりと押さえ続けてほしいものです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。