蒜山高原の「山ぶどう&りんごジャム」で恋愛運&金運アップ!

ちょっと珍しいジャムにハマっています。
それは 「山ぶどう&りんごジャム」


山ぶどうジャムパッケージ

広島のオトナ情報誌「coccala」秋号で紹介した
岡山県「蒜山高原」の 

蒜山高原 ジャム - コピー

ひるぜんワイナリーのジャムで
自生する山ぶどうの酸味と、
蒜山産のフジリンゴの甘さと果肉のシャリシャリ感
コラボしたさっぱりとした甘さが魅力です☆

ジャムの濃い紫色
いっぱい太陽を浴びポリフェノールたっぷりの山ブドウの色

蒜山高原 ジャム


パンに付けるのはもちろん、お菓子に混ぜたり
ヨーグルトにトッピングしてもキレイです。

風水でみても
たくさん実をつけるぶどうは、金運アップ楽しい人間関係を招き、
りんごは、浄化作用恋愛運アップの効果がある開運フルーツです\(^o^)/

ブルーベリージャム、りんごジャムとの3点セットは
お土産にもおすすめです!

ジャム3種


詳しくは、ひるぜんワイナリーオンラインショップ へ

テーマ : うまいもの - ジャンル : 旅行

ビューティヘアマガジン「IZANAGI」に連載しています☆

マンスリービューティヘアマガジン「IZANAGI」(髪の文化舎)の
モチベーションアップ企画として
「ハッピーオーラをまとって」というタイトルで
運気アップの秘訣をテーマに9月号から連載しています。

12月号(第4回)は「知っておきたい神社参拝の作法」です。

IMG_2762.jpg

知っているつもりだったけれど、実は間違っていたとか、
あいまいな知識のままやり過ごしていませんか。

IMG_2764.jpg

日本古来の文化に触れることが今年(来年の節分まで)の
開運テーマの一つでもありますし、
正しい参拝作法を身に付けて運気上昇につなげましょう☆
公式サイトからオーダーできます~ http://www.kamibun.co.jp/magazine/izanagi/
書店なら渋谷・リブロ(パルコ地下1F)、代官山蔦屋書店でどうぞ!

この表紙が目印です。
IZANAGI12月号表紙

ちなみに、この4つの写真、同じ女性なのに、ヘアとメークで
こんなに変わるんですね(驚)
イメチェンしたい人にもおすすめの一冊です(^_-)-☆


「奥入瀬渓谷」の紅葉&滝でパワーチャージ!

東北のパワースポットの一つ「奥入瀬渓谷」(青森県)は
季節ごとに表情を変える豊かな樹木林と清流、澄んだ空気が魅力です。
(ちなみに、「奥入瀬」は「おくいりせ」ではなく「おいらせ」と読みます)

初夏の新緑も清々しくてステキですが
秋の紅葉も見事です\(^o^)/

奥入瀬紅葉

マイナスイオンの癒し効果で知られる滝も 様々なタイプが楽しめます☆
幅が20㍍あってミニ・ナイアガラの滝のような「銚子大滝」

魚止めの滝 

複雑な地層が侵食され段々に流れ落ちる「九段の滝」

九段の滝

高さ25㍍の豪壮な「雲井の滝」

雲井の滝


一番のお気に入りは・・・やっぱり「不老の滝」

不老の滝 眺め

せっかくなので頭から浴びてきました(笑)

不老の滝 - コピー

滝の音にも耳を澄ませてみましょう。
リラックス効果や集中力向上のパワーが秘められていますから☆



ローカル列車でスロートラベルの旅を楽しむの巻~長良川鉄道~

行楽の秋です。
車窓の景色を楽しみながらの列車の旅はいかがでしょう。

赤い車両

日本三大清流 長良川沿いをトコトコ走るローカル列車「長良川鉄道」

郡上八幡駅は、

郡上八幡駅

昭和レトロな駅舎がステキです。

レトロな駅舎

今年2016年4月からは、観光列車「ながら」が運行をスタート。

ながら 歓迎幕

JR九州の豪華列車「ななつ星」をはじめ数々の名車両を手掛ける
水戸岡鋭治氏のデザインが話題になっています。
http://www.nagatetsu.co.jp/enjoy/SpecialTrainNagara.html

ロケーションを楽しむビュープランのほか
ランチやスイーツプランも(^◇^)
次回は、ランチプランで乗ってみたいな~(^^♪

メルコスール観光セミナーでデンジャラスなカクテルを味わうの巻!

昨日、オリエンタルホテル広島で、メルコスールの国々
(アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ・ウルグアイ・ベネズエラ)
のデスティネーションセミナー&懇親会が開催されました☆

メルコスールのお二人と - コピー

左のワイルドなイケメンは、
メルコスール観光局のブランキニョ局長(ブラジル出身)
ちなみに、日本語ペラペラです。
そして、右のエキゾチックな美女は・・・
アルゼンチンのタンゴダンサーに間違われたことがあるそうですが・・・
同観光局 アドバイザーの池谷光代さん。日本の方です。

8月のリオオリンピック開催に向け、注目度が高まる南米の国々
南米は・・・10年前にペルーを訪れたことがありますが・・・
スケール大の自然と、大らかで自然体の人々との触れ合いが魅力☆
価値観が変わる旅になること請け合いです。
今回も、未知なる国々のお話を聞き、旅心を刺激されました。

メルコスールセミナー 光代さん

観光セミナーの後は、同ホテルで7月1日から2か月半開催される
南米の食をテーマにしたビアフェスティバルのお料理とともに
ブランキニョ局長自ら、伝統的なカクテル「カイピリーニャ」を
作って振る舞って下さいました。

カイビリーニャ作り 

カイピリーニャとは、
ブラジル特産のサトウキビの蒸留酒(アルコール度30~40度)を
ベースに、ライム、クラッシュドアイス、砂糖を加えて作ります。
今回は、ちょっとアレンジして、
ライムの代わりに広島特産のレモンをたっぷりつかって・・・

砂糖を投入

お砂糖もたっぷり加えます。
局長好みの味にするため? 豪快に試飲(笑)

カクテル作り 味見

お酒の分量も、レモン、お砂糖の量もざっくり感覚で作るのがブラジル流なのです。

局長

そして・・・またまた試飲(爆笑)

またまた味見

まさに、ラテンのノリで作ってくれた「カイピリーニャ」は
レモネードのような甘い口当たりで女子好みの美味ですが・・・
アルコール度はかなり高いデンジャラスなカクテル(*^。^*)
飲み過ぎにはお気を付けあそばせ!